手作りパンについての記事が増えてきたので、タイトルを変更しました!!(旧タイトル=*花とおしゃべり*)  ガーデニングとフラワーアレンジメントと手作りパンと手作りおやつのブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
『スイートバイオレット(ニオイスミレ)』の育て方と栽培記録
2011年03月07日 (月) | 編集 |

ニオイスミレは購入して植えたものではなくて、
どこからともなく飛んできた種から自然に出てきたものです。
最初は雑草かもしれないと思いながらも、
丸い愛嬌のある葉がなんとなく可愛らしくて、しばらく様子を見ていたら、
忘れた頃に花が咲きはじめました。
自然に可愛い花が咲いてくれるなんて、ラッキーです♪

*咲き始めました。 - 12月

まだ12月だというのに、
早くもニオイスミレの花がぽつぽつと咲きはじめました。

スミレ
▲ニオイスミレ 2008.1.23

*満開になりました。 - 2011年3月 ←更新しました!!

初めて咲いた年はたった1株だけだったのが、
年を追うごとに、どんどん増えてきました。
どうやら種とランナーと両方で殖えていくようです。
今では、ちょっと抜いてやらないといけないくらいでもあります・・・。

それにしても、一度にこれだけたくさんの花が咲くと、存在感があります。
クリスマスローズ(ヘレボルス)との相性もバッチリ♪

スミレ スミレとクリスマスローズ
▲ニオイスミレ 2008.3.16

*スイートバイオレット(ニオイスミレ)の育て方

学名Viola odorata 和名ニオイスミレ スミレ科の多年草
日なた~明るい日陰 耐寒性強 原産地ヨーロッパ南部
花期11月~4月 白・桃・紫

野原や道端に自生している可憐な花。
小さいけれど、群生させると見ごたえがあります。
こぼれ種とランナーでよく殖えます。

・花後、初夏と秋に液肥。
・夏の暑さに弱いので、半日陰の場所で。
・水切れに注意。

主な流通時期:早春

【関連リンク】
「スミレ」の詳しい育て方 - GARDENさかもと
「スイートバイオレット(パープル)」の育て方 - ハーブ専門店e-ティザーヌ


スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2011/03/07 20:20 | 果樹・ハーブ・野菜の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『スダチ(酢橘)』の育て方と栽培記録
2010年10月05日 (火) | 編集 |

スダチを鉢植えで育てています。
毎年、果実の数がばらばらなのが悩みです。

*スダチの開花 - 2011年5月

スダチの花が咲き始めました。
花ははっきりした白色で、花びらが細長く、どことなく凛とした雰囲気があります。
去年はたくさん咲いたのですが、今年は2輪だけ。なんとなく寂しいです・・・。

スダチ
▲スダチの花 2010年5月

*摘果 - 7月

収穫する果実の数を毎年同じくらいにするためには、
摘果という果実をまびく作業が必要らしいです。
最終的に、葉3~5枚に果実1個の割合にしていきます。
効果があるといいな。

*スダチの収穫 - 2010年10月 ←更新しました!!

今年のスダチは7個でした。

さんまの塩焼きに添えるために、スダチを収穫。
もぎたてのスダチは、とても良い香りがします♪
貴重なスダチ、大切にいただきたいと思います。

スダチ
▲スダチ 2010.10.4

スダチ

▲スダチ 2009年9月

スダチ(果実) 
▲スダチ 2008.10.3

スダチ 
▲スダチ 2007.9.16

【記録】
2005年 5個
2006年 0個
2007年 2個
2008年 13個
2009年 2個
2010年 7個

*スダチの育て方

学名 Citrus Sudachi
ミカン科の常緑低木 樹高2~2.5メートル
日なた~半日陰 耐寒性強
開花5~6月 白 結実8~10月 緑~黄

ユズの近縁種で、サンマとの相性は抜群。
カボスと混同しがちですが、スダチ(30~40グラム)とカボス(100~150グラム)とスダチの方が小さいです。
実は熟すと黄色になる酸味が強くなるので、香りの良い青いうちに収穫します。
徳島県の名産品。

・植え付けは、3月中旬~4月中旬に、日当たり水はけが良く風のあたらない場所に。
・夏に水切れさせると実が小さくなるので注意。
・肥料は、3月と9~10月に、油粕や化成肥料。
・剪定は、2~3月に徒長枝などを間引く。古枝は切り落とし、新梢は3分の1を目安に切る。
・摘果は、隔年結果を防ぐため、7月に1箇所に固まっているものを間引き、最終的に8月に3~5枚の葉に1つを目安に残す。
・病害虫は、アブラムシとアオムシ。

*スダチの利用方法

鍋やサンマなどの焼き魚に大根おろしといっしょに添えて、食べる直前に果汁をかける。
果汁は食用酢として、ドレッシングに加えたり、ハチミツと混ぜてハチミツスダチジュースに。
青い皮は薄く切ったり、おろすなどして、素麺などの薬味として利用する。

我が家では、スダチを鉢植えで育てています。
樹高は1メートルくらいで、とてもコンパクトな大きさ。
日当たりのよい南向きの軒下においています。


【関連リンク】
スダチの詳しい育て方 - 花ひろばオンライン
薬味のチカラ スダチ


---------------------------------------------------------------

2010/10/05 20:56 | 果樹・ハーブ・野菜の育て方 | Comment (2) Trackback (0) | Top▲
『ネコノヒゲ(クミスクチン)』の育て方と栽培日記
2010年09月29日 (水) | 編集 |

*ネコノヒゲ(クミスクチン)の植え付け - 2010年9月

庭の端っこにネコノヒゲを植えました。
長いオシベが横へしゅっしゅっと伸びて、まさにネコノヒゲのよう。
白いすっきりとした花は軽やかで涼しげなので、夏にピッタリ♪

庭に植えてしまいましたが、耐寒性が10℃以上必要なので、
鉢植えの方が向いているようです・・・。
寒くなる前に鉢に植え替えたいと思います。

ネコノヒゲ(クミスクチン)
 

*ネコノヒゲ(クミスクチン)の育て方

学名:Orhosiphon aristatus 英名:Cats Whiskers,Java Tea
科名:シソ科の非耐寒性多年草 草丈:40~60センチ 原産地:インド・マレーシア
耐寒性:弱(10℃) 耐暑性:乾燥弱
開花:6~11月(白、淡青) 株分け:4月 肥料:4~6月、8~9月(液肥、化成肥料)

沖縄の「くみすくちん茶」としても有名だが、最近は観賞用として人気。
丈夫だが、寒さに弱い。
夏の乾燥に注意。

流通時期:初夏~秋

【参考リンク】
ネコノヒゲの苗 - GARDENさかもと(楽天市場)
ネコノヒゲの育て方 - ヤサシイエンゲイ
---------------------------------------------------------------

2010/09/29 20:37 | 果樹・ハーブ・野菜の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『エダマメ』のメモ
2010年08月15日 (日) | 編集 |
NHK野菜の時間から。
今年やってみようと思ったけれど、
種も苗も見つけられなかったので諦めました。
来年のために、メモを残しておきます♪

***プランターでエダマメを育てる方法

エダマメをプランターで育てるには、
早生(わせ)の品種が小型なので向いている。

『早生』
草丈60センチ 収穫まで2ヶ月 1株にさや20~30個

プランター(幅65センチ×奥行き20センチ×高さ20センチ)に、
合計12株植える。
(3株ずつ4品種植えると楽しい)

*種まき(8月でも間に合う)

セルトレイ16個に種をまく。
(16個のうちよい株を選んで12個をプランターに植える)
土をたっぷりかけて、受け皿にセルトレイをのせる。

*植え付け

草丈10センチくらい、本葉がはえそろったら植えつける。

土は肥料控えめ。
野菜用の土 3 (9リットル) : 堆肥 1 (3リットル)

縦3列(4~5センチ間隔)、横4列(1.5センチ間隔)に並べて植える。
---------------------------------------------------------------

2010/08/15 17:02 | 果樹・ハーブ・野菜の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『スイートバジル(バジリコ)』の育て方と栽培記録
2010年07月26日 (月) | 編集 |

*バジルの植え付け - 2010年3月

いつも種から育てているバジルですが、今年は苗を植えることにしました。
この方が早く成長するので、収穫も早くできるようになるらしいのです。
今から「ピッツァ・マルゲリータ」が楽しみです♪

スイートバジル
▲スイートバジル 2010年3月

*バジルの植え付け - 2010年6月

庭に植えていたバジルがあまり大きくなりません。
日当たりがよすぎて乾燥しすぎるのかもしれないと思い、
2株追加して鉢に植えなおしました。
乾燥を防ぐために、土の上にワインコルクをのせました。
バークチップの代わりです。

スイートバジル
▲スイートバジル 2010年6月

*バジルの収穫 - 2010年7月 ←更新しました!!

苗から育てる方が、種から育てるよりも早く収穫できると思っていましたが・・・、
結局のところ、あまり変わらない時期に収穫することになってしまいました。

スイートバジル 
▲スイートバジル 2010年7月

収穫したスイートバジルを使って、
タイカレー』と落合シェフレシピ『バジルソースのスパゲティー』
『マルゲリータ(バジルとモッツァレラチーズ)のピザ』を作りました。
摘み立てのバジルで作ると、香りも色も格段によいです♪

+++++ 以下、昨年の種まきバージョン

*バジルの種をまきました。 - 2009年5月

5月になって気温が25度を超えてきたので、バジルの種をまきました。
今年は30センチ鉢に3株育てるように、2~3粒ずつ種を点まき。
早く収穫したいなら、もっと早めに種をまいて、ビニールやベタがけシートなどをかぶせて管理するといいようです。

*バジルの芽が出ました - 6月

種を2~3粒ずつまいたのですが、結局2株だけ残りました。
まだまだ小さい株ですが、触るとバジルのいい香りがしてます。

バジルの芽
▲バジルの芽が出たところ 2006.6.19

*バジルを収穫しました - 7月

だいぶ大きくなったので、切り戻しも兼ねてバジルを収穫しました。
10株育てると、食べきれないほどたくさんになりました。
ジェノベーゼ(バジルペースト)を作るなら、2~3株は育てたほうがいいです。

摘み取ったバジル
▲収穫したバジル 2006.7.29

*バジルの蕾ができました - 9月

花を咲かせるとバジルは元気がなくなってしまうので、蕾ができたら摘み取るようにします。
バジルを収穫できるのも、あとわずかです。

バジル
▲開花直前のバジル 2007.8.23

*バジルが終わりました。 - 11月

だんだん寒くなってきて、バジルが成長しなくなってきました。
葉色も悪くなって、美味しくなさそうです。
今年は2株だけだったので、去年に比べて収穫する量が減ってしまいました。
来年は株を増やしたいと思います。

*スイートバジルの育て方

シソ科の非耐寒性多年草(一年草扱い) 草丈40~50センチ 原産地インド
学名Ocimum basilicum 別名バジリコ(イタリア語)、スウィートバジル、メボウキ(目箒)
日なた(乾燥させない) 耐寒性弱
花期7~9月(花が咲くと株が弱まるので花芽は摘み取る)

・種まきは気温が25度以上になってから(4~6月)。
・高さ15センチくらいになれば収穫を兼ねて摘芯を繰り返して、こんもりとした株にします。
・風通しが悪いと蒸れて枯れてしまうので、混み合っている部分はカット。
・水、肥料をたっぷり与えます。

*スイートバジルの利用方法

利用するときに摘芯するように切り取る。
強壮、殺菌効果があり、頭が良くなるハーブとも。
葉をバスタ、ピザ、トマト料理(イタリアン)に使う。
熱に弱くすぐに香りが消えてしまうので、あまり熱を加えないように。
葉を収穫するのが目的なら、花を咲かせないように管理する。

・ハーブティー
・料理(カプレーゼサラダ、ジェノベーゼパスタ、ピザマルゲリータ、ジェノベーゼソース)
・鑑賞

【関連記事】
落合シェフレシピ『バジルソースのスパゲティー』
『タイカレー』

【関連リンク】
バジルの育て方(ハーブ専門店e-ティザーヌ)
バジルの育て方(GARDENさかもと)


---------------------------------------------------------------

2010/07/26 21:41 | 果樹・ハーブ・野菜の育て方 | Comment (1) Trackback (0) | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。