手作りパンについての記事が増えてきたので、タイトルを変更しました!!(旧タイトル=*花とおしゃべり*)  ガーデニングとフラワーアレンジメントと手作りパンと手作りおやつのブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
『フクシア』の育て方と栽培記録
2011年04月11日 (月) | 編集 |


*ポット苗を買いました。

新しい品種を買うのは久しぶりかもしれません。
ホームセンターで売られているのを見つけて、
イヤリングのようにぶら下がって咲くキュートな姿に衝動買いしました。
思ったよりも開花期間も長いようで、しばらく楽しめそうです。

フクシア
 フクシア


*フクシアの育て方

学名Fuchsia hybrida アカバナ科の常緑低木
日なた~半日陰(夏の直射日光×) 耐寒性中
開花期4~10月 白・桃・赤・紫色

・夏の暑さに弱いので、日陰で管理する。
・水切れに注意する。
・冬は軒下または室内で管理する。
・茎に葉が6~8枚になったら新芽と2枚の葉をつみ取ると、形が整う。


スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2011/04/11 20:34 | 一年草の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『イオノプシディウム(バイオレットクロス)』の育て方と栽培記録
2011年03月07日 (月) | 編集 |

『イオノプシディウム』を最初に購入したのは、2006年のことでした。
すると、その翌年から、こぼれ種でたくさんの花が咲くようになりました。
淡い紫色で十字の形の花は、とても小さいですが、
たくさん花が咲くので、まるでカーペットのようになります。

*花が咲きました。 - 12月

春もまだ遠い12月だというのに、
イオノプシディウムが今年も一番乗りで咲き始めました。
毎年必ず、こぼれ種で出てきてくれるので、早春の定番になっています。

*満開になりました。 - 3月 ←更新しました!!

マーガレットコスモスとコニファーの足元に、マット状に広がって咲いています。
コニファーの足元には、自然に出てきた紫色のスミレもあって、
早春の花のとりあわせになっています。

イオノプシディウム
▲イオノプシディウム 2010年2月

イオノプシディウムとスミレ
▲(手前)イオノプシディウムと(奥)スミレ 2010年2月

*イオノプシディウム(バイオレットクレス)の育て方

学名Ionopsidium acaule アブラナ科の一年草 草丈10~15センチ 原産地ポルトガル
日なた 耐寒性強 初心者向け
花期4~6月 薄紫 主な流通時期:早春~春

薄紫色の花びらが4枚の花がたくさんつき、草丈は低く、マット状に広がります。
ほのかに香りもあります。
最近、アリッサムに代わる寄せ植え素材としても注目され始めました。
とても丈夫で、こぼれ種でどんどん増えます。

【関連リンク】
イオノプシディウムの育て方(GARDENさかもと)
イオノプシディウムの育て方(産直花だん屋)


---------------------------------------------------------------

2011/03/07 20:10 | 一年草の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’』の育て方と栽培記録
2010年06月11日 (金) | 編集 |

ユーフォルビアの中でも、「ダイアモンドフロスト」を気に入っています♪
白い小花がたくさん咲いて、とても涼しげ。
暑い夏に、爽やかな清涼感を感じることができます。

*ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’の植え付け - 2010年6月 ←更新しました!!

ユーフォルビアをコンテナに植えました。
昨年は寄せ植えにしたのですが、
より涼しげになるのではないかと思って、今年は単品にしました。

ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’ ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’
▲ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’ 2010.6.6




+++++ 昨年のユーフォルビア

白いユーフォルビアと、赤いペンタスと、赤い斑入りの葉のイレシネで、寄せ植えにしました。
ユーフォルビアの小さな白で、赤い色を柔らかくして、
寄せ植え全体の雰囲気をまとめてくれていると思います。

ユーフォルビア「ダイアモンドフロスト」 夏の寄せ植え
▲ユーフォルビア「ダイアモンドフロスト」 ▲夏の寄せ植え 2009年5月

*ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’の育て方

学名:Euphorbia hybrid 'Diamond Frost'
トウダイグサ科の非耐寒性一年草または多年草 草丈30センチ
日なた 耐寒性弱 耐暑性強 乾燥強 原産地メキシコ
開花 春~晩秋 白

白く小さいホウが、株全体に散りばめられたようにあふれます。
暑さ、乾燥、病気に強く、手間がかかりません。
寄せ植えにおすすめ。

・日当たりと水はけのよいところ。
・週1回液肥。
・冬は室内に取り込み、10度以上あれば開花する。

【参考リンク】
ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’ - GARDENさかもと


---------------------------------------------------------------

2010/06/11 22:24 | 一年草の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『インパチェンス』の育て方と栽培記録
2010年06月01日 (火) | 編集 |

インパチェンスは夏の定番の花。
今年は、鉢植えにして玄関ポーチに置きました。
わが家の玄関は西向きで、半日くらいしか日が当たらないので、
半日陰が大好きなインパチェンスにとってはちょうどいいみたいです♪

*インパチェンス「シルエット アップルブロッサム」の植え付け - 2010年5月下旬 ←更新しました!!

そろそろ暑くなってきたので、花屋さんに夏の花を見に行きました。
以前、育ててとてもよかった八重咲きのインパチェンスがあったので、即決しました!!
色は、白と淡いピンク色と濃いピンク色があったのですが、
『アップルブロッサム』と名前のついている淡いピンク色のものに。
とても優しい上品な雰囲気です♪

栄養系八重咲きインパチェンス「シルエット」 栄養系八重咲きインパチェンス「シルエット」
▲栄養系八重咲きインパチェンス「シルエット アップルブロッサム」




+++++過去のインパチェンス。

*八重咲きインパチェンス「カリフォルニアローズ フィエスタ」 - 2007年

微妙に色の異なる八重咲きインパチェンスを、3つに分かれた段違いコンテナに。
とても可愛らしい寄せ植えができました♪
八重咲きインパチェンスは、最近、注目されているらしく、たくさんの種類がありました。

インパチェンス インパチェンス
▲八重咲きインパチェンス 2007年夏

*インパチェンスの育て方

学名:Impatiens 別名:アフリカホウセンカ 難易度:初心者~
ツリフネソウ科の非耐寒性多年草 草丈20~30センチ
日当たり~半日陰(夏は直射日光×) 耐寒性弱 耐暑性強 原産地:南アフリカ
開花4~11月 白・桃・橙・赤

真夏でも枝先に次々に花をつける夏の定番の花。
半日陰でも大丈夫なので、シェードガーデンにおすすめ。
花色は白と暖色系に限られていますが、
花びらは八重咲きや斑入りの品種もあり、いろいろな表情を楽しめます。

・水切れしないように気をつける。
・咲き終わった花は、こまめに取り除く。
・肥料は、月1~3回液肥。
・枝が伸びすぎてきたら、半分ぐらいに切り戻し、化成肥料を与える。(最終8月下旬)
・さし芽で簡単に殖やすことができる。

取り扱い時期:春~初夏

・八重咲きインパチェンス
ミニバラのような花を咲かせます。
「ウィリー」「ティオガ」「カリフォルニアローズ」などが代表的。

【参考リンク】
インパチェンス - GARDENさかもと
八重咲きインパチェンス - GARDENさかもと
インパチェンス 八重咲きシルエット アップルブロッサム - 産直花だん屋


---------------------------------------------------------------

2010/06/01 20:04 | 一年草の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『ハナカンザシ(花かんざし)』の育て方と栽培記録
2010年03月24日 (水) | 編集 |

ハナカンザシは、白い花びらと黄色の花芯のとても可愛い花。
細い茎の先に花を付けるので、ハナカンザシというそうです。
花びらはカサカサしていてドライフラワーみたいです。
ころころ丸いワインレッドの蕾もチャーミング。

可愛い上に、長期間、たくさんの花を次々に咲かせてくれるので、
お得感もたっぷりあります♪

*ハナカンザシの植え付け - 2010年2月12日

久しぶりにハナカンザシを買いました。
小さめの鉢に1株だけ植えました。
今はまだワインカラーの蕾ばかりですが、花が咲くのが楽しみです♪

ハナカンザシ
▲ハナカンザシ 2010年2月

ハナカンザシ
▲ハナカンザシ 2008年1月

*ハナカンザシが満開 - 2010年3月

植えつけたときには蕾ばかりだったハナカンザシが、満開になりました!!
まだまだ蕾もついているので、どんどん咲いてくれそうです♪

ハナカンザシ
▲ハナカンザシ 2010年3月

*ハナカンザシ(花かんざし)の育て方

学名Helipterum roseum キク科の多年草(一年草扱い) 草丈15~20センチ
日なた やや乾燥 耐寒性やや強 原産地オーストラリア南部
開花3~6月 白

高温多湿に弱いので一年草扱い。
ドライフラワーにもなる。

・冬の過湿を嫌うため、水のやり過ぎに注意。
・月1~2回液肥。
・花がらはマメに摘む。

【関連リンク】
ハナカンザシの育て方 (GARDENさかもと)
花かんざしの管理方法 (産直花だん屋)


---------------------------------------------------------------

2010/03/24 20:39 | 一年草の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。