手作りパンについての記事が増えてきたので、タイトルを変更しました!!(旧タイトル=*花とおしゃべり*)  ガーデニングとフラワーアレンジメントと手作りパンと手作りおやつのブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
『カランコエ』の育て方と栽培記録
2008年10月14日 (火) | 編集 |

 

*カランコエの花が咲き続けています - 11月

1つの花茎に花がたくさんついているので、花が途切れることなく、どんどん咲いています。
花茎は増えることもなく、そのままの状態。
水をやり過ぎないようにしているので、水やりの回数も少なくてすみます。
カラフルな花が次から次へ咲き続ける様子は、期待通りです。

カランコエの花
▲カランコエの花のアップ 2008.10.12

*カランコエの苗を植えました - 10月

カラフルな花が目を惹き、カランコエの苗を買いました。
うまくいけば、これから春まで咲き続けるようです。

カランコエの花 
▲カランコエの花 2008.10.12

*カランコエとは

Kalanchoe
ベンケイソウ科の非耐寒性多年草(多肉植物)
日なた(水はけのよい土) 耐寒性中 花壇、鉢
花期10~11月(不定期) 黄、橙、桃、緋赤など

肉厚な葉に水分を蓄えた多肉植物で、乾燥に強く、丈夫です。
小花が房状に集まって、長期間咲きます。
日が短くなると花芽がつく性質(短日条件)。

*カランコエの育て方

・多肉植物なので、水やりは控えめに。
・咲き終わった花は摘み取る。
・花後は花茎の付け根から切り戻しを行う。
・春~秋は戸外で(夏は半日陰)。

肥料は6~9月に緩効性肥料を2ヶ月に1回。
・植え替えは3月下旬から5月頃。

「カランコエ」の詳しい育て方 - GARDENさかもと

*カランコエのおすすめポイント

カラフルな花色。
乾燥に強く、丈夫で育てやすい。

主な流通時期:通年(主に秋)


カランコエ「クイーン」(大)

5号サイズ鉢
・イエロー
・ピンク
・レッド
・ホワイト
・オレンジ
・オレンジ&イエロー
609円(税込)送料別
合計税抜き10000円以上送料無料
GARDENさかもと


八重咲きカランコエ「カランディーバ」

6号サイズ鉢
・スカーレット
・ホワイトピンク
・オレンジ
・パープル
2625円(税込)送料別
合計税抜き10000円以上送料無料
GARDENさかもと

(注)商品の内容、価格等については更新時のものですので、各店舗でよくお確かめの上、ご購入ください。

「カランコエ」の最安値をチェック!! - 楽天市場

「花・ガーデニングブログランキング」の順位をチェック!! - 人気ブログランキング


スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2008/10/14 13:23 | 多年草の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『ローズマリー』の育て方と栽培記録
2008年10月14日 (火) | 編集 |

*ローズマリーの開花 - 2008年10月

ローズマリーの花が咲き始めました。
少しずつポツポツと咲いていくような感じです。
春に咲くものだとばかり思っていたので、なんで今頃?という気もしますが・・・。

ローズマリー
▲ローズマリーの花 2007.10.14

その後も少しずつではありますが、冬の間中ずっと咲き続けていました。
温暖化の影響なんでしょうか?

ローズマリー
▲ローズマリーの花 2007.3.4

春になって、いよいよクライマックスといったところでしょうか、花が鈴なりの状態になりました。
4月に全ての花が咲き終わりました。
写真を撮り忘れたのが悔やまれます。

*ローズマリーをいただきました - 2006年

乾燥気味を好むということなので、素焼きの鉢に植えて、南向きの場所においています。
ここは、ハーブ花壇として、カモマイルなどのハーブを植えていて、とても日当たりのいいところです。

このローズマリーは、「ローズマリーを枯らしてしまって・・・」という話を友人にしたら、わざわざ苗を挿し木して、わけてくれたもの。
とりあえず、少し小さめの素焼きのコンテナに植えていたのですが、これが大正解。
枝がしだれて、雰囲気のある、いい感じになりました。

*ローズマリーが枯れてしまいました - 2005年

枯らしてしまった、先代のローズマリーは、もともと地植えしていたものをコンテナに鉢植えにしたもの。
地植えにしていると、どんどんどんどん成長して大きくなりすぎてしまったので、そこそこの大きさに抑えようと、鉢に植え替えたのでした。
そして、枯れた原因は水やりを控えすぎていたせいだと思います。
いくら乾燥を好むといっても、鉢植えは乾燥しやすいので、乾燥しすぎにいは注意が必要です・・・。

*ローズマリーの育て方

学名Rosmarinus officinalis シソ科の常緑小低木
日当たり(半日陰でもOK) 耐寒性強 小~中鉢、花壇
開花4~6月 白・桃・青

立性種(生垣にも使える)
ハーブの苗 「ローズマリーマリンブルー」
ハーブの苗 「ローズマリートスカナブルー」
ハーブの苗 「ローズマリーレックス」
半匍匐性種(香りが良いので料理に使う)
ハーブの苗 「ローズマリーウッドパープル」
匍匐性種(花壇によく使う)
ハーブの苗 「ローズマリープロストラタス(クリーピング) 」
と種類はいろいろ。

強健。
高温多湿を嫌うので乾燥気味に育てる。
冬前と梅雨前に刈り込み風通しをよくする。

葉、茎、花を肉料理、リース、入浴剤に使う。
消化促進、防腐、神経安定、老化(酸化)防止の効果がある。

ローズマリーの苗
種類によって、雰囲気が全然違います。
お気に入りのものを見つけてください。
乾燥を好むので、コンテナに植える場合は素焼きがいいと思います。

ブログランキングに参加しています!人気ブログランキング


---------------------------------------------------------------

2008/10/14 00:36 | 果樹・ハーブ・野菜の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『ブドウ類』の育て方と栽培記録
2008年10月05日 (日) | 編集 |

*ブドウの収穫 - 9月

2008年は結実しませんでした。

一昨年に、苗を購入し、昨年は結実しませんでしたが、2007年は2つ実ってくれました。

収穫のタイミングがよくわからなかったので、すごく悩みましたが、インターネットで調べてみると、赤みのある状態はまだ未熟で、黒っぽくなるまで待たなければならないということでした。

(参考)島根県 ピオーネ栽培指針
http://www.pref.shimane.lg.jp/nogyogijutsu/gijutsu/pio-nesisin/mokuji.html

しばらくすると、葉が茶色に変色してきたので、病気になったしまったのかと心配して、一粒食べてみることに。
自家製のものなので、味には期待していなかったのですが、意外にも甘くておいしいブドウでした。
売られているものよりは小ぶりな房ではありますが、種は少なく、味はりっぱな「ピオーネ」の味です。

そうしていると、たまたま「フルーツフラワーパークのブドウ狩り」を紹介しているラジオを聴きました。
それによると、実のなっている枝が緑から茶色に変色しているものがおいしいとのこと。
それから、ひと房のブドウの中でも、枝に近い方が甘いそうです。
ひと房全てを一度に食べきるのなら、房の下の方から順番に食べていくと最後までおいしく食べることができますし、今日は半分、残りは明日食べるというのであれば、軸をはさみで切って半分にしてから上半分だけを水洗いして食べて、下半分は明日、というようにします。
これは、枝に近い方から熟していくので、熟していない方を残す方が鮮度が保てるということだそうです。

青かった実が黒く大きくなってきたときに、鳩に狙われたので、キッチンの排水溝につけるゴミ袋をかぶせてみました。
大きさもちょうどよく、それからは全く被害なく過ごすことができました。

ブドウ ブドウ

*ブドウの剪定 - 11月

行灯仕立ての枝を整えました。
2008年に結実しなかった原因として考えられるのが、葉を茂らせすぎたのではないかということ。
なので、かなり思い切ってカットしました。

主枝の50センチごとに脇枝が伸びるように(他は切り取ってしまう)。
脇枝は7芽まで(伸びすぎた枝は切り取る)

*ブドウの寒肥 - 2月

 

*ブドウ類の育て方

学名Vitis spp. ブドウ科の落葉蔓性低木
日なた 耐寒性強 小~中鉢・庭園
開花 結実7~9月

鉢植えであんどん作りにする。
性質は強健。
茂りすぎるので、冬に思い切った剪定が必要。


ピオーネ鉢植え栽培セット
4200円(税込・送料別)
花広場オンライン

「ピオーネの苗」を検索

人気ブログランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします!


---------------------------------------------------------------

2008/10/05 00:34 | 果樹・ハーブ・野菜の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
10月のガーデニングカレンダー
2008年10月01日 (水) | 編集 |

朝夕の気温がずいぶん低くなってきました。
『実もの』が色づく季節です。

*庭木

植え替えしない。
成長が止まるので整枝によい時期。新枝の2~3節でハサミを入れるのが基本。
春に花の咲く花木は花芽のついた枝を切り過ぎないように注意。

*草花

春咲き球根草花(スイセン、クロッカス)は10月中旬~11月上旬が植え付け適期。
(スノードロップは10月上旬、ユリは10月下旬から)
深さは球根の大きさの3倍の土をかける。
秋蒔き草花苗は10月下旬に本植え。

*芝生

10月下旬に留め刈りをし、休眠に入る。

*観葉植物

日光に当て株の充実をはかり冬に備える。
涼しくなっても、早くから室内に入れるのはかえってよくないので注意。

*ミニ洋ラン

10月中旬、冷雨の前に室内に。最低温度15度~最高気温25度が目安。
レースのカーテンで遮光。
秋雨の日は与えず、週3回水やり。徐々に少なく。
シンビジウムは5度以下にならない限り、暖房のない場所に。

*玄関の花壇(西向き)

8月(プルンバゴ)
プルンバゴ
 

 ハツユキカズラ
ハツユキカズラ
(葉) 

 フィカス「プミラ」
フィカス「プミラ」
(葉)

アサギリソウ(花)

 

*半日陰の庭(東向き)

クフェア
クフェア

スイートフェンネル
フェンネル

ロシアンセージ
ロシアンセージ
 

 シダ
シダ(葉)

ナルコユリ
ナルコユリ(葉)

オキザリス
オキザリス

*庭の花壇(北向き)

ニチニチソウ
ニチニチソウ

アゲラタム
アゲラタム(カッコウアザミ)

バコパ
バコパ

*半日陰の庭(西向き)

マーガレットコスモス
マーガレトコスモス
 

 

*ハーブの花壇(南向き)

チェリーセージ
チェリーセージ

バジル (葉)

チャイブ
チャイブ
 (葉)

タイムの花
タイム
(葉)

 ミツバ(葉)

レモングラス
レモングラス
 

*鉢植えその他

ツルバラ「バレリーナ」
ツルバラ「バレリーナ」

 コンロンカ
コンロンカ

ジニア

チェッカーベリー
チェッカーベリー(ヒメコウジ)

(青い実)

オリーブ
オリーブ
(青い実)

ヒメコウライシバ
ヒメコウライシバ

ブルーサルビア
ブルーサルビア

 キンギョソウ
キンギョソウ

*今まで育てたことのある花(主に一年草)

エンジェルラベンダー
エンジェルラベンダー

トレニア
トレニア

センニチコウ
センニチコウ

ミヤコワスレ
ミヤコワスレ
 

 アイビーゼラニウム
アイビーゼラニウム

ナスタチウム
ナスタチウム
 

インパチェンス
八重咲きインパチェンス

ガーデンダリア
ガーデンダリア

ブラキカム
ブラキカム

「花・ガーデニングブログランキング」の順位をチェック!! - 人気ブログランキング


---------------------------------------------------------------

2008/10/01 22:42 | ガーデニングカレンダー | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。