手作りパンについての記事が増えてきたので、タイトルを変更しました!!(旧タイトル=*花とおしゃべり*)  ガーデニングとフラワーアレンジメントと手作りパンと手作りおやつのブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
『ローレル(ゲッケイジュ)』の育て方と栽培記録
2009年10月29日 (木) | 編集 |

ゲッケイジュを庭に植えています。
葉は料理にも使えるので、とても重宝しています♪

*若葉 - 2009年5月

ゲッケイジュの若葉が出てきました。
とてもきれいなライムグリーン色です。

ローレルの葉
▲ゲッケイジュの葉 2008.5.28

*剪定 - 2009年10月 ←更新しました!!

ゲッケイジュの背丈が高くなりすぎたので、思い切って剪定をしました。
10メートルくらいになる木だそうですが、
高すぎると剪定などたいへんになるので、3メートルくらいに抑えるようにしています。

剪定のために切り落とした枝から、きれいな葉を選んで摘み取りました。
収穫する葉は、若葉は柔らかすぎるので避けて、半年以上経ったものにします。
収穫した葉は水洗いして、ざるなどに広げて乾燥させ、空き瓶や空き缶に入れて保存しておきます。
乾燥させてから利用する方が、苦味が少なく香りが引き立つのだそうです。

*ローレル(ゲッケイジュ)の育て方

学名Laurus nobilis 
クスノキ科の常緑中高木 10~12メートル
地中海沿岸原産 日なた(水はけのよい土) 耐寒性強
花期4~5月 黄色 実熟期10月 雌雄異株(しゆういしゅ)

ローリエは仏語で、ベイ・リーフ(英語:bay leaf)、ローレル(西語、英語:laurel)とも呼ばれています。
葉を乾燥させて、香辛料として利用します。
樹形は縦にすらりとしているので、狭めの場所にも植えられます。
ヨーロッパでは、スタンダード仕立てにした庭木もよく見かけます。

・性質は強健。
・殖やし方は挿し木。
・剪定は4月と10~11月に、枝が伸びやすいので年2回行う。
・肥料は1~2月と8~9月の年2回。
・植え付け、植え替えは4~5月。
・カイガラムシ、ハマキムシに注意。

流通時期:通年

【関連リンク】
ゲッケイジュの詳しい育て方 - GARDENさかもと

*ゲッケイジュの利用方法

◆ハーブティー

◆料理
一年中収穫することができますが、剪定したときに、きれいな葉をまとめて摘み取っています。
スープやカレー、シチューなどの煮込み料理の香り付けに。
葉を折って使うと、より強い香りを出ます。
あまり長く煮込むと苦味が出るため、ほどよく煮込んだ後、葉を取り出します。

◆観賞

◆染色


スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2009/10/29 16:42 | 果樹・ハーブ・野菜の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
パン教室の復習「エダムチーズのパン」
2009年10月25日 (日) | 編集 |

9月にパン教室で習った「エダムチーズのパン」の復習です。
他にも作りたいパンがあって、なかなかきちんと復習できてないですね・・・。
成型が少し難しかったのですが、やってるうちに思い出してきました。

エダムチーズのパン

生地にはエダムチーズの他に、けしの実(ポピーシード)を加えました。 
あんパンに使ったけしの実が余っていたので・・・。
食べるとプチプチした触感がします。でも、黒ゴマのほうが香ばしいかな。


---------------------------------------------------------------

2009/10/25 16:18 | おうちパンのこと | Comment (2) Trackback (0) | Top▲
「スイートポテト」
2009年10月21日 (水) | 編集 |

先日のパン教室で先生から「スイートポテト」をいただいたのがきっかけで、
「スイートポテト」を焼きました。

先生にもらったものは、型を使わずにさつまいもの形に棒状にして焼いたものでした。
今までずっと、アルミの型や、さつまいもの皮を型にしていて、
型が必需品だと思い込んでいたので目からウロコでした。

というわけで、ちょっとまねをして作ってみました。

スイートポテト

 


---------------------------------------------------------------

2009/10/21 22:48 | おうちスイーツのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
ミニカトレア(紫)の栽培記録
2009年10月21日 (水) | 編集 |

 

*開花  - 2009年10月

名札のない紫色のミニカトレアが咲きはじめました。
花は1輪です。

ミニカトレア(紫)
▲ミニカトレア 2009年10月

ミニカトレア
▲ミニカトレア 2008年12月

【開花記録】
2008年 1輪
2009年 1輪

【関連記事】
温室なしで育てるミニ洋ランの育て方

人気ブログランキング


---------------------------------------------------------------

2009/10/21 20:14 | 洋ランの育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
「桜あんパン」
2009年10月20日 (火) | 編集 |

「桜あんパン」を焼きました。
あんは普通の「小倉あん」で、形だけ「桜」です。
切り込みを5ヶ所にしたら、桜らしくなりました♪

桜あんパン

成型で、いくつも失敗してしまいました。
ひとつは「あん」の包み方。
麺棒で普通に伸ばしてから包んだら、あんの上の生地が薄くなってしまいました。
もうひとつは、包んだあと真ん中をへこませるのを忘れたこと。
あんと生地の間に隙間ができて、ちょっと間抜けた感じになってしまいました。

ちゃんと確認しながらやらないとダメですね。
成型を失敗したからか、ふんわり感もイマイチで残念でした・・・。


---------------------------------------------------------------

2009/10/20 22:34 | おうちパンのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『オリーブ』の育て方と栽培記録
2009年10月18日 (日) | 編集 |

「ネバディロ・ブランコ」と「ミッション」の2種類のオリーブを育てています。
ヨーロッパの雰囲気を意識して(?)、イタリア製のテラコッタの鉢を使っています。

オリーブの実をつけるためには、異なる品種のものが必要だそうです。
そこで、先に「ネバディロ・ブランコ」を買い、後で「ミッション」を買い足しました。
オリーブを扱っている園芸店が少ないこともあり、
あまり深く考えず単純にちがう品種を選びましたが、
開花時期によって組み合わせを考えないと、うまくいかないこともあるようです。

*オリーブの蕾 - 2010年4月

オリーブ‘ネバディロブランコ’の蕾を見つけました。
‘ミッション’も探しましたが、花芽はまだありませんでした。

オリーブ
▲オリーブ‘ネバディロブランコ’ 2010年4月

*オリーブの開花 - 2009年5月

オリーブの花が咲きはじめました。
小さな緑っぽい白色の花が枝にたくさんついています。

オリーブの花
▲オリーブ「ネバディロ・ブランコ」 2008.5.23

*オリーブの結実

オリーブの青い実が、だいぶ大きくなってきました。
水やりが不十分だと、実にしわが寄ってしまいます。
この時期は、たっぷりの水が必要です。

オリーブ オリーブ
▲(左)オリーブ「ネバディロ・ブランコ」の実 (右)オリーブ「ミッション」の実 2007年夏

今年初めて実がなったので、食べれるものなら食べてみたいと思っています。
瓶詰めで売られているような塩漬けにできればいいのですが、調べてみるとけっこう時間がかかって、劇薬を扱ったりと、かなり難しいようです。
簡単なところでは、指でつぶれるくらいまで熟した実で、オリーブオイルを作ることかな。

品種によっても、向き不向きがあるようです。
ちなみに、ネバディロ・ブランコは果実にキズがつきやすいので、塩漬けよりもオリーブオイルのほうが向いているそうです。

*オリーブの色づき - 2009年10月

オリーブの実が色づき始めました。
今年は、「ミッション」が4つだけなので、すごく寂しいです・・・。

オリーブ オリーブ
▲(左)オリーブ「ネバディロ・ブランコ」の実 (右)オリーブ「ミッション」の実 2007年秋

*オリーブの収穫 - 2008年12月

すっかり黒くなったオリーブは、何かのはずみで落ちたりしていました。
実をつまんで、少し回すようにすると、簡単にとれます。
ネバディロ・ブランコだけで、24粒収穫できました。

オリーブ「ネバディロ・ブランコ」の実 オリーブ「ミッション」の実
▲(左)オリーブ「ネバディロ・ブランコ」の実。(右)オリーブ「ミッション」の実 2007年秋

*オリーブの塩漬け作り - 2008年12月

瓶にオリーブの実と岩塩を入れて、塩漬けにしてみました。
塩漬けにすることで、オリーブの苦味がとれるのだそうです。

・・・・・・しかし、かなり長期間置いてみたのですが、なかなかいい味になりませんでした。
香りはフルーティーなオリーブオイルのいい香りがするのに・・・。
岩塩の粒が大きかったので、オリーブとなじみにくかったのでしょうか。
オリーブオイルに比べれば、かなりいいところまで来たような気がします。(気のせいかも?!)
また、機会があれば、再チャレンジしてみようと思います。

オリーブの塩漬け
▲オリーブの塩漬け 2008年12月

*オリーブオイル作り - 2007年12月

オリーブオイルに挑戦!!
本に書いてあったとおりに、ストックバッグにオリーブを入れて、手でもみもみ・・・。
かなり長い間、やっていたのですが、本のようにオイル成分が分離してきませんでした。
しかたなく、紫色のクリーム状のまま、漏斗(ろうと)のような仕掛けへ。
・・・紫色の液体が溜まるだけで、残念ながら、オイルはとれませんでした・・・。

【関連リンク】
オリーブの塩漬けを作ってみよう・オリーブオイルを作るにはhttp://www.shodoshima.or.jp/tokusan/olive.enzou.htm
◆玲子さんのマーティンボロ便り オリーブの塩漬け http://blog.livedoor.jp/reiko4024/archives/51172801.html

*オリーブの育て方

Olea europaea
モクセイ科の常緑高木
日なた 耐寒性強
開花5~6月 白 結実10~11月 黒

オリーブは、ノアの箱舟のハトとオリーブの伝説にちなみ、地球の繁栄または平和のシンボルとして国連旗にもオリーブの枝葉が使われる。
果実はオリーブオイルの原料や塩漬け(ピクルス)にして食用とされる。

日当たりと排水の良い場所に植え、アルカリ性の土を好む。
土の表面が乾いたら水を与えるが、過湿を嫌う。
肥料は市販のものを適量与える。
果実をならすためには、異なる品種を混植する。
性質は強健で、耐寒性は強い。

◆‘ネバディロ・ブランコ’
オリーブ・ネバディロブランコはスペイン原産のオリーブです。
樹勢が強く、樹形は横に広がるタイプです。
果実はやわらかく傷つきやすいため食用(ピクルス)には不向きですが、主にオイルの搾油用として利用されています。
また、花粉量が多いので、受粉樹としてよく使われる品種です。
葉は銀葉で先が丸みのある細長い形をしています。
観賞用としても人気があり、生垣や街路樹などにも適しています。
大きめのテラコッタに植え込み、ベランダなどで育てることもできます。

◆‘ミッション’
ミッションはアメリカ原産のオリーブです。
樹形は直立性がありバランスよく成長するので、ガーデニングには使いやすい品種です。
葉は銀葉で大きめで細長くとがった形をしています。
果実は晩生で食用(ピクルス)やオイルの搾油に利用されます。
ミッションはオリーブには珍しく少し自家結実性がありますので、1本でも果実を楽しむことができます。
観賞用としても人気があり、大きめのテラコッタに植え込みベランダなどで育てることもできます。

【関連リンク】
旬の園芸レッスン 品種選び
千草園芸 オリーブ
オールアバウト オリーブを育ててみませんか 
旬の園芸レッスン 麗しのオリーブ
井上誠耕園 オリーブの育て方


---------------------------------------------------------------

2009/10/18 20:59 | 果樹・ハーブ・野菜の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
10月のパン教室「ベーコンポテトブレッド」と「紫芋と栗のあんロール」
2009年10月16日 (金) | 編集 |

昨日は、月に一度のパン教室でした。
今期の初めからとても楽しみにしていた「ベーコンポテトブレッド」と
秋にぴったりの「紫芋と栗のあんロール」を習いました♪

「あんロール」は、2種類のあんで2パターンできました。
生地を半分に分けて、一つには色のきれいな紫芋あんを、
もう一つには栗の粒が入った栗あんを挟み込みます。
ねじりながら丸めるという成型が難しく、なかなかコツがつかめませんでした。
どうやらねじり過ぎ?と思うくらい(5~6回かな)ねじったほうがきれいにできるみたいです。

紫芋と栗のあんロール

形がとても可愛らしい、こんな「あんパン」もあるんですね♪ 
紫芋の色がとてもきれいに出ました。
栗あんもめっちゃ美味しいです♪

ベーコンポテトブレッドは、フランスパン用強力粉をつかうパリッとしたパン。
ハード系が大好きなので、すっごく好みです。
大きく切ったじゃがいもとチーズとベーコンを入れて、ハズレなしの組み合わせですよね!!
こちらの成型はわりと単純。ただ、具材を重ねる順番にちょっとしたコツありです。
(きっと、焼いたときに切り込みから中身が爆発してこないように、ということだと思います)

ベーコンポテトブレッド

食べながら思いついたアレンジが、
ポテトサラダやタラモサラダなんかを包んでもいいかも!!ということ。
期待通りふんわりパリッとしていて、朝食にぴったりです♪

***

レッスン中は、皆のおしゃべりが止まらず・・・。
ついに先生が強めの口調で「すみません!!」とおっしゃったので、注意される!!と思ったら、
「私の場合は・・・」とやんわりとお話の輪に入ってこられたので、
ちょっと拍子抜けして笑ってしまいました(^◇^)
とても楽しい時間で、来期も皆さんそろって受講継続です♪


---------------------------------------------------------------

2009/10/16 10:50 | パン教室のこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
「ハムコーンパン」と「ハムオニオンパン」
2009年10月14日 (水) | 編集 |

少し体調を崩してパンをこねる気分になれなかったのですが、
今日なんとか復活しました!!

先月のパン教室の復習もできていないのだけど・・・、
お惣菜パンが食べたい気分だったので、
少し前に習ったお気に入りの「ハムコーンパン」と
それをちょっとアレンジした「ハムオニオンパン」を焼きました。

「ハムコーンパン」と「ハムオニオンパン」

「ハムコーン」のほうは間違いなく美味しい組み合わせ♪
ただ、8個分の分量で生地をこねたもののコーンが足りなくなってしまったので、
残り2個分を「ハムオニオン」にアレンジしてみました。
以下、おせっかいながらレシピを書いておきます。

【ハムオニオン(2個分)】

ハム・2枚
玉ネギ(細切り)・1/6個
ピザチーズ・適量
荒挽き黒コショウ・少々

ハムは丸く広げた生地の上にのせて、きつめにくるくる巻いていく。
2つ折にして折り目と垂直に切り込みをいれて、開いて丸く広げる。
上に細切りにした玉ネギをのせて、2次発酵。
2次発酵後、ピザチーズをのせて、荒挽き黒コショウをふって焼成。

↓の本にのっていた「チーズオニオンパン」を参考にしてアレンジしてみました。
「ハムオニオンパン」もなかなかいいお味になりました♪♪
ピザソースを入れると、ピザパンみたいになっていいかもしれませんよ。

イチバン親切なパンの教科書―豊富な手順写真で失敗ナシ!イチバン親切なパンの教科書―豊富な手順写真で失敗ナシ!
(2006/11)
坂本 りか

商品詳細を見る

---------------------------------------------------------------

2009/10/14 20:59 | おうちパンのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
「栗の渋皮煮」
2009年10月11日 (日) | 編集 |

あっというまに秋。
大好きな栗の季節になりました。

「栗の渋皮煮」というと、すごく難しそうなイメージがあったのですが、
昨年、betty_mamaさんが「手間はかかるけど簡単よ」とおっしゃっていたので、
レシピを教えてもらったのです。
すぐにやってみると慣れないながらもなんとかできて、なかなか美味しくできました。
冷凍保存もできて、ちょっぴり贅沢なおやつになりました。

というわけで、味をしめて、今年もチャレンジ!!
鍋に重曹と栗を入れてコトコト・・・・・・。
もろもろした皮をきれいにとって、甘く煮てコトコト・・・・・・。
一晩、味を含めさせて、ようやく完成です!!

栗の渋皮煮 

皮を一枚残して、もろもろした部分や筋は取り除くというところが、
一番難しいところかも。
皮が欠けてしまって、見た目×になってしまったものもあります・・・。
写真は一番いい感じにできたものです♪

食べてみると上品な甘さでしっとり。いくつでも食べれてしまいます♪♪
お隣さんにもおすそ分けしたら、1日で半分くらいなくなってしまいました。
もう一度作って、今度はこっそりと保存しておいたほうがいいかも・・・!?


---------------------------------------------------------------

2009/10/11 20:33 | おうちスイーツのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『ウバメガシ』の育て方と栽培記録
2009年10月10日 (土) | 編集 |

ウバメガシを西向きの生垣にしています。
家を建てたときに植えたので、かれこれ20年近くになります。
初めのうちは真っ直ぐに剪定するのが大変でしたが、もうすっかり慣れました。(夫談)
秋になると、ときどきドングリができます。

*剪定 - 2009年7月

ウバメガシの剪定をしました。
春になってから伸び始めた新しい枝が暴れまくっていました。
剪定を終えると風通しがよくなって、とてもすっきりとしました。

*剪定 - 2009年10月11日 ←更新しました!!

そろそろ成長する時期が終わったのではないかと思い、
少しうっとうしくなってきたウバメガシの剪定をしました。
少し時期が早かったかもしれません。
もう一度、11~12月頃にしなければいけないかも・・・。

*ウバメガシの育て方

学名Quercus phillyraeoides Asa Gray ブナ科の常緑高木 1~15メートル
日なた~半日陰
開花5月(黄) 結実10月(ドングリ)

「備長炭」になる木。葉は鮮やかな緑色で光沢があります。
常緑でよく茂るので、防風や目隠し、生垣に向いています。
潮風や大気汚染にも強く丈夫です。
秋になるとドングリができます。(毎年、強剪定しているとできない)

・植え付けは10月~入梅まで。常緑性のものは5~6月のほうが良い。日当たりと水はけの良い肥沃な土。バーク堆肥をよくすきこむとよい。
・剪定は6~8月と11~12月頃。生垣の場合は強めに刈り込み、側芽の発生を促す。
・肥料は2月ごろに寒肥。9月頃に追肥。

流通時期:冬~早春

【関連リンク】
「ウバメガシ」の詳しい育て方 - トオヤマグリーン
「ウバメガシ」の詳しい育て方 - 花ひろばオンライン
生垣の作り方 - 花ひろばオンライン

 


---------------------------------------------------------------

2009/10/10 20:48 | 常緑樹の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
「ポン・デ・ケージョ」
2009年10月09日 (金) | 編集 |

エダムチーズが手に入ったので、
さっそくお気に入りのチーズのパン「ポン・デ・ケージョ」を焼きました。

「ポン・デ・ケージョ」は粉末のエダムチーズを使うのですが、
近くのスーパーでは売っていないので、いつもパルメザンチーズで代用していました。
でも、同じ粉チーズなのにパルメザンチーズとエダムチーズとでは
味や水分量が少し違うらしいのです。
パン教室で試食(つまみ食い?)してみた感じでは、
エダムチーズのほうがまろやかな味でしっとりしている印象でした。

実際にこねてみると、やはりエダムチーズのほうが生地が柔らかで、もちもちした感じ。
「おもち」に近い感触です。
チーズの種類が違うというだけで、生地の具合がけっこう変わってくるようです。

ポン・デ・ケージョ

丸めて焼き上げると、チーズのいい香りが・・・♪
早速、試食してみると、いつもよりもちもち度がアップして、すごく美味しくなりました!!
エダムチーズを買ってみて、よかったです♪♪

【関連リンク】
「ポンデ・ケージョ - ママの手作りパン屋さん


---------------------------------------------------------------

2009/10/09 20:13 | おうちパンのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
「ベーコンエピ」と「ブラックオリーブとドライトマトのエピ」
2009年10月06日 (火) | 編集 |

このパン、焼いたのは10月1日なのですが、更新し忘れてました・・・。

「ベーコンエピ」と「ブラックオリーブとドライトマトのエピ」

在庫を切らしていたフランスパン粉が届いたので、さっそくエピを焼きました。
パン教室で教えてもらったエピは、夫にも夫の両親にも評判なのです。
焼きたてを持って行くと、とても喜んでもらえました♪

久しぶりということで、粉300グラムと少し多めにこねて9個焼きました。
ベーコンは2枚重ねにして、切り口に荒挽き黒コショウをかけています。
もうひとつ、ブラックオリーブとドライトマトもお気に入り♪
こちらは切り口にドライハーブをかけました。


---------------------------------------------------------------

2009/10/06 21:37 | おうちパンのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。