手作りパンについての記事が増えてきたので、タイトルを変更しました!!(旧タイトル=*花とおしゃべり*)  ガーデニングとフラワーアレンジメントと手作りパンと手作りおやつのブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
初夏の庭 その2
2010年05月30日 (日) | 編集 |
5月第5週のお庭です。

玄関横の西向き花壇に植えっぱなしのガーベラが咲きました。

ガーベラ

玄関に置いているオリーブの鉢植え。
ネバディロ・ブロンコの花が満開になりました。

オリーブ‘ネバディロ・ブロンコ’の花

八重咲きインパチェンスの鉢植えです。
買ったときより、ひと回り大きくなりました。
花もどんどん咲いています。 

栄養系八重咲きインパチェンス「シルエット」 栄養系八重咲きインパチェンス「シルエット」


モチノキの花に、ハチが蜜を吸いにきていました。

モチノキ 

淡いピンク色のサツキが咲き始めました。

サツキ 

ハイドランジア(西洋アジサイ)の花が咲き始めました。
まだ淡い色をしていますが、この色もけっこう好きです。

ハイドランジア(西洋アジサイ)

ヤマアジサイ「富士の滝」も咲き始めました。
昨年は花が付かなかったのですが、
今年はたくさん咲きそうで一安心です。

ヤマアジサイ‘富士の滝’ 

数は少ないけれど、プリペットの花が咲き始めました。

プリペットの花 

ハーブ花壇に植えたシシトウです。
小さい蕾がついているようです。

シシトウ 

パクチーの花です。
レースフラワーみたいで、とても可愛らしいです。
パクチーの花

スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2010/05/30 20:54 | ガーデニングのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『プリペット』の育て方と栽培記録
2010年05月26日 (水) | 編集 |

プリペットは隣の家との境界沿いに植えて、目隠しにしています。
常緑の葉は、優しい雰囲気です。

*プリペットの開花 - 2010年5月26日 ←更新しました!! 

今年もプリペットの花が咲きはじめました。
白くて小さい花が、房のようになって咲いています。
少し離れて見ると、ふわふわとした感じです。

塀に沿って6~7本植えているプリペットの中で、花が咲いたのは2本だけ。
こまめ(?)に剪定しすぎているのかも。
近所の家では、木全体が花でうめつくされています。

プリペットの花
▲プリペット 2008.5.23

*プリペットの育て方 

モクセイ科の常緑低木 1.5~2メートル 花言葉「くつろぎ」
日なた~半日陰 耐寒性中
開花5~6月 結実9~11月

常緑で緑色の葉が美しく、洋風に良く似合うやさしい雰囲気のカラーリーフとして人気上昇中です。
5月ごろ香りのよい白い花が穂状に咲き、秋ごろに黒く小さな実をつけます。 
自然な樹形を楽しめるので、刈り込みをしなくても大丈夫です。
あまり大きくならないということと、萌芽力が強いので、生け垣や寄せ植えに最適です。

・植え付けは、10月~入梅までに行う。
・剪定は、放任して育てても自然な樹形になる。
・肥料は、2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を与える。

主な流通時期:4~11月

【関連リンク】
詳しいプリペットの育て方 - 花ひろばオンライン


---------------------------------------------------------------

2010/05/26 20:50 | 常緑樹の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『サツキ』の育て方と栽培記録
2010年05月23日 (日) | 編集 |

*サツキの開花 - 2010年5月 ←更新しました!!

濃桃のサツキの花が咲き始めました。
我が家のサツキは、ウバメガシの生け垣から、こぼれ出るように植えています。
花は鮮やかなピンク色。ツツジに比べて、少し尖った形をしているような気がします。

サツキ
▲サツキ 2006.6

生け垣からしだれているサツキの花が満開になりました。
2006年は、こんなにたくさん咲きました。

サツキ 
▲サツキ 2007.6

*サツキの開花 - 2010年5月

もう一つ、庭に植えているサツキの花が咲きはじめました。
花は淡くきれいなピンク色です。
昨年の2008年に比べると、花数が少なくなってしまったようです。

サツキの花
▲サツキ 2008.6.8

*サツキの育て方

ツツジ科の半常緑低木  
開花5~6月

ツツジに比べ一月ほど遅い、旧暦の皐月(さつき)のころに咲くことから名付けられた。
這う性質が強い。

・置き場所は日なた(2~3時間の日光で可)日当たりが悪くなるにつれ、花付や葉色が悪くなる。
・水やり
・肥料は、寒肥(油かすとピートモスや堆肥)
・病害虫は、4月~9月までハダニなどの消毒を定期的に散布する。
・植え付け、植え替えは、11月~入梅までに、水はけの良い、肥沃な酸性土壌に植える。
・剪定は、花後に刈り込んで樹形を整える。
・生垣に用いることができる。

主な流通時期:

【関連リンク】
サツキの詳しい育て方 - 花広場オンライン


---------------------------------------------------------------

2010/05/23 20:00 | 常緑樹の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『エゴノキ』の育て方と栽培記録
2010年05月22日 (土) | 編集 |

エゴノキを庭に植えています♪

*エゴノキの開花 - 2010年5月

エゴノキの花が咲き始めました。
花は淡いピンク色で、桜に似ています。
枝からぶら下がるように下向きに咲くので、木の真下から見上げるとすごくいい感じです♪

エゴノキの花
▲エゴノキの花 2006.5

エゴノキの花 エゴノキ
▲エゴノキ 2008.5.11

*エゴノキの結実 - 6月

たくさん咲いた花の数だけ、たくさんの実が実りました。
実は黄緑色であまり目立たないので、観賞価値はほとんどありません。
こんなにたくさんあるのなら食べれるといいのにと思いますが、種には毒があるので要注意です。

エゴノキの実  
▲エゴノキの実 2009年6月

*エゴノキの種 - 9月

エゴノキの実が乾燥してしぼんだようになり、ぽとぽとと落ち始めました。
実が地面に落ちると殻が弾けるように割れて、中から茶色の固い種が出てきます。
この種は毒があるので要注意です。

エゴノキ 
▲エゴノキの実 2008.9.27

*エゴノキの紅葉 - 11月~12月

エゴノキが紅葉しました。
紅色ではなく黄色。少し地味な感じです。

エゴノキの紅葉
▲エゴノキの紅葉 2008年12月

*エゴノキの剪定 - 12月

葉が全て落ちたので、さっそく剪定をしました。
混み合っている枝を根元から切り取りました。

*エゴノキの育て方

学名Styrax japonica エゴノキ科の落葉中高木 高さ10メートル
日なた 耐寒性強  原産地日本
開花5~6月 白、桃、紅

日本の雑木林などでよく見かける樹木で、シンボルツリーとして人気。
初夏に房のようになった小さな花が小枝の先端に下向きに咲きます。
果実は10月頃に熟しますが、有毒なのです。

・植え付けは11月または3~5月。
・病気はないが、カイガラムシ、テッポウムシ、エゴノネコアシアブラムシがつくことがある。
・剪定は落葉期の2月ごろに、自然樹形を保つように不要な枝や伸びすぎた枝を切り落とす程度。
・やや湿り気のある土壌を好む。
・殖やし方は種まき、挿し木、接木。

【関連リンク】
エゴノキの詳しい育て方 - GARDENさかもと
エゴノキの詳しい育て方 - 花ひろばオンライン  


---------------------------------------------------------------

2010/05/22 20:00 | 落葉樹の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
「ヤマボウシ(山法師)」の育て方と栽培記録
2010年05月21日 (金) | 編集 |

ヤマボウシを庭に植えています♪

*ヤマボウシの若葉 - 2010年4月

ヤマボウシの若葉が出揃いました。
葉を日に透かして見ると、とてもきれいな緑色をしています。
生き生きとした生命力が伝わってくるようです。

Yamaboushi
▲ヤマボウシ 2006.5.21

*ヤマボウシの開花 - 2010年5月 ←更新しました!!

ヤマボウシの花が咲き始めました。
4枚の白い花弁の真ん中に丸い花がついていて、真上から見ると手裏剣みたいです。
下からヤマボウシを見上げても、花は葉の上にあるので、ほとんど見えません。

ヤマボウシの花  ヤマボウシの花
▲ヤマボウシ 2008.5.11

*ヤマボウシの結実 - 2009年7月

ヤマボウシの実がピンク色になってきていることに気が付きました。
改めてヤマボウシの実について調べてみると、秋(9月くらい)になれば美味しく食べられるとのこと。
ねっとり甘くて美味しいのだそうです。
今まで実を収穫したことがないので、今年こそはできるといいな・・・。

*ヤマボウシの紅葉 - 2009年10月

ヤマボウシの葉が、だんだん赤くなってきました。
木全体が赤くなると、遠くから見てもとてもきれいです。

ヤマボウシ  ヤマボウシ
▲ヤマボウシの紅葉 2007.11.16

*ヤマホウシ(山法師)の育て方

学名Cornus Kousa ミズキ科の落葉高木 高さ8メートル
日なた 耐寒性強
開花 5~6月(白・黄緑) 収穫9月(赤)

日本の山野に自生している高木。
春に葉が出た後、枝先に白い花が覆うように咲きます。
ハナミズキと同じ仲間。
欧米でも庭木として利用されています。
果実は秋に成熟して紅橙色になり、食べることができます。

・性質は強健。
・水切れさせると夏に葉が落ちてしまうので、乾燥させないように水をやる。
・12~2月に、長く伸びすぎた枝には花がつかないので切り落とす。
・2月と8月下旬に肥料。
・自然に樹形がまとまるので、切り戻しをしない。
・増やし方は種まき、接木。

ヤマボウシ
▲ヤマボウシ 2008.5.11

【関連リンク】
ヤマボウシの育て方 - 花ひろばオンライン


---------------------------------------------------------------

2010/05/21 20:58 | 落葉樹の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
5月のパン教室『チョコキャラメルブレッド』と『ハーブとチーズのリュスティック』
2010年05月20日 (木) | 編集 |
今日は月に一度のパン教室でした。
リュスティックを作るということで、とても楽しみにしていました♪

チョコキャラメルブレッドは、ココア生地にキャラメルクリームを巻いています。
今回はトッピングはアーモンドスライスでしたが、
チョコチップやあられ糖など、他のものをのせても表情が変わっていいみたいです。
成型はわりと単純なので、手軽に作れそうな気がします。

チョコキャラメルブレッド 

もう1つのハーブとチーズのリュスティックは、
ハード系が好きな私にとってドストライクなパンです♪
ハーブソルトが入った生地で、プロセスチーズをサンドしています。
表面がパリッとして、ハーブの香りもよく、チーズがこくを出しています。
中に入れるものを変えて、アレンジがききそうです♪

ハーブとチーズのリュスティック

---------------------------------------------------------------

2010/05/20 20:37 | パン教室のこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『デンドロビューム 「クリソトキサム」』の栽培記録
2010年05月19日 (水) | 編集 |

デンドロビウムを温室なしで育てています。
洋ランの中でもデンドロビウムは育てやすいらしくて、
毎年必ず咲いてくれるよくできた花です。

*デンドロビウム「Den. chrysotoxum」の蕾 - 2010年4月

デンドロビウムの蕾が出てきました。
今年も期待できそうです♪

デンドロビウム「Den. chrysotoxum」の蕾 
デンドロビウム「Den. chrysotoxum」 2010年5月

*デンドロビウム「Den. chrysotoxum」の開花 - 2010年5月 ←更新しました!!

デンドロビウムが咲き始めました。
毎年咲いてくれるとっても優秀な洋ランです。

花は、黄色~オレンジのグラデーションで、
房のようになって、とてもたくさん咲きます。
今年は支柱を立てなかったので、しだれ咲きのようになりました。

デンドロビウム「Den. chrysotoxum」 デンドロビウム「Den. chrysotoxum」
▲デンドロビウム「Den. chrysotoxum」 2010年5月

デンドロビウム
▲デンドロビウム「Den. chrysotoxum」 2006.5

デンドロビウム
▲デンドロビウム「Den. chrysotoxum」  2007.4.30

【開花記録】
2010年5月 3本 約50輪
2009年5月 2本 10+9+6輪
2008年5月 2本 50輪
2007年4月 
2006年5月 

【関連記事】
温室なしで育てる洋ランの育て方

【関連リンク】
デンドロビューム「クリソトキサム」 - 渥美洋らんセンタースズキラン園


---------------------------------------------------------------

2010/05/19 20:03 | 洋ランの育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
パン教室の復習『ベーコンエピ』
2010年05月17日 (月) | 編集 |
今日は、いつもよりサイズが大きいベーコンエピを焼きました。
ベーコンといっしょにピザチーズも巻いて、
仕上げに荒挽き黒コショウをふっています。
焼き色が少し控えめな感じになってしまいました。

ベーコンエピ

---------------------------------------------------------------

2010/05/17 20:23 | おうちパンのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
藤野真紀子さんレシピ『フィナンシェ』
2010年05月16日 (日) | 編集 |
藤野真紀子さんの『藤野真紀子のシンプルお菓子教室-
まず、ハカリのいらないレシピから』のフィナンシェを焼きました。

ふつうはフィナンシェ専用の焼き型を使うのですが、
この本ではミニパウンド型を代用しているのがポイント。
専用の焼き型がいらないというのは、ハードルがとても低くなって助かります。

カスタードクリームを作るたびに卵白ばかりあまっていて、
冷凍庫に貯まっていた4個分の卵白を全て使い切って、
ミニパウンド型10個のフィナンシェができました!!

フィナンシェ

焦がしバターを作るのにドキドキハラハラしましたが、なんとかクリア。
いい焼き色になって、しっとりしたフィナンシェができました♪
卵白消費レシピの中で、一番のお気に入りになりました!!


藤野真紀子のシンプルお菓子教室―まず、ハカリのいらないレシピから (まあるい食卓シリーズ)藤野真紀子のシンプルお菓子教室―まず、ハカリのいらないレシピから (まあるい食卓シリーズ)
(2007/10)
藤野 真紀子

商品詳細を見る

---------------------------------------------------------------

2010/05/16 20:28 | おうちスイーツのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『ジギタリス(フォクスグローブ)』の育て方と栽培記録
2010年05月15日 (土) | 編集 |

ジギタリスを庭の半日陰の場所に植えています。
今の株は2010年の春に購入した2代目です。

ジギタリスは、デルフィニュームと並んでイングリッシュガーデンの定番で、
花は形も色もとても優しい雰囲気です。
背が高く存在感があるので、ボーダー花壇の後方にオススメです。

*ジギタリスの開花 - 2010年5月 ←更新しました!!

ジギタリスの花が咲き始めました。
4月頃から急に茎が伸び始めて、70~80センチくらいに成長しました。
細長いベルの形の花が、下から順に咲いていくようです。 

ジギタリス
▲ジギタリス 2010年5月

ジギタリスの花 ジギタリスの花
▲ジギタリス (左)2008.5.11 (右)2008.5.23

*ジギタリスの植え付け - 2010年3月

2年ぶりにジギタリスを購入しました。
前回よりも、もう少し明るい半日陰の場所に植えました。
とてもしっかりした苗なので、大きく育ってくれそうな気がします♪
ラベルには、「最強の宿根草 武蔵」と書いてありました。

ジギタリスの苗
▲ジギタリスの苗 2010年3月

*ジギタリスの育て方

学名Digitalis 別名フォックスグローブ、キツネノテブクロ(狐の手袋)
ゴマノハグサ科の耐寒性二年草 原産地
明るい半日陰(水はけのよいところ) 耐寒性強 80~100センチ
花期3~7月 白・桃

・月1回液肥。
・花後、花穂だけ取り除くと、小ぶりの二番花を楽しめる。

「ビルトゥオソ」
爽やかな色合いのジギタリス。

主な流通時期:春または秋

【関連リンク】
ジギタリス(フォックスグローブ)の育て方 (GARDENさかもと)
最強の宿根草 武蔵


---------------------------------------------------------------

2010/05/15 20:41 | 多年草の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
パン教室の復習『ライ麦パン』
2010年05月14日 (金) | 編集 |
パン教室で習った『ライ麦パン』をアレンジして
ブラックオリーブ入りにしてみました。

ブラックオリーブを刻んで生地に入れています。
ブラックオリーブを入れた後、
パン生地がベチョッとして扱いにくくなってしまいました。
余分な水分をペーパータオルで、しっかり取ったほうがいいみたいです。

ブラックオリーブ入りライ麦パン

外はしっかり、中はしっとりしたパンに焼き上がりました。
ブラックオリーブの塩気と旨みがアクセントになっています。
明日の朝食が楽しみです♪
---------------------------------------------------------------

2010/05/14 22:02 | おうちパンのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『ベルフラワー(乙女桔梗)』の育て方と栽培記録
2010年05月14日 (金) | 編集 |

ベルフラワーを小さめの鉢に植えて育てています。
購入したのは2008年の春。今年で3年目になります。
少しずつ株が大きくなってきたような気がします。

花は初夏に、鉢からあふれそうなくらいたくさん咲きます。
葉は常緑ですが存在感があまりないので、
ネームプレートをつけておかないと何の花だったかわからなくなってしまうかも。
(花で葉が見えなくなってしまうので、印象が薄いのだと思います)

*ベルフラワーの開花 - 2010年5月 ←更新しました!!

冬を越して、ベルフラワーの花が咲き始めました。
花は優しい紫色で、名前の通り「ベル」の形をしています。
まだまだ蕾がたくさんあるので、どんどん咲いてくれそうです。

ベルフラワー
▲ベルフラワー 2010年5月

+++++

ベルフラワーが咲きそろい、満開になりました。
昨年に比べると、株が大きく成長して、鉢が埋め尽くされるようなりました。

ベルフラワー
▲ベルフラワー 2009年6月

*ベルフラワーの購入 - 2008年3月

ベルフラワーの小さめの苗を買って、鉢植えにしました。
お気に入りの小さなテラコッタの鉢に、ぴったり収まりました♪
写真では、少し青みが強く写ってしまいました。

ベルフラワー
▲ベルフラワー 2008年3月

*ベルフラワー(乙女桔梗)の育て方

学名 Campanula portennschlagiana 和名 乙女桔梗 英名 dalmatianbellflower 
キキョウ科の耐寒性多年草 10~15センチ
日なた(夏半日陰) 耐寒性強
開花 5~7月 白 青紫色

名前の通りベルのような花が咲く矮性のカンパニュラ。
花は青紫色で、性質は丈夫。

花が終われば花がら摘み。
夏は涼しい場所に置き、秋になれば切り戻して植え替えると、来春も開花する。
肥料は、秋に緩効性肥料、開花中に液肥を与える。

【関連リンク】
ベルフラワーの育て方 - GARDENさかもと
カンパニューラ(ベルフラワー)の育て方 - 産直花だん屋


---------------------------------------------------------------

2010/05/14 20:38 | 多年草の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『ワイルドストロベリー』の育て方と栽培記録
2010年05月12日 (水) | 編集 |

ワイルドストロベリーを庭の半日陰の場所に植えています。
2007年の春に買ったときは、大切に鉢植えにしていましたが、
ランナーを伸ばしてどんどん殖えたので、レンガの小道の脇に植えなおしました。
今では、鉢植えの株はダメになってしまい、庭植えのものだけが残っています。

ワイルドストロベリー
▲ワイルドストロベリーとレンガの小道 2008年4月

*ワイルドストロベリーの開花 - 20010年5月

ワイルドストロベリーの花が咲きはじめました。
花は指の爪くらいの大きさで、とても小さくて可愛いいです。
花びらが落ちて真ん中の黄色いところが大きくなって、いちごになります。

ワイルドストロベリーの花
▲ワイルドストロベリーの花 2010年5月

*ワイルドストロベリーの収穫 - 6月

花が終わった後、小さな緑色の実ができていましたが、やっと赤くなったので、ワイルドストロベリーを収穫しました。
「ワイルド」という名前からすっぱいイチゴを想像していましたが、思っていたよりも甘いです。

ワイルドストロベリーの実 
▲ワイルドストロベリーの実 2008.5.21

ワイルドストロベリーの実がたわわに実りました。
昨年買ったばかりのときよりも一回り大きな株になったからか、とてもたくさんの実がつきました。

 ワイルドストロベリーの実
▲ワイルドストロベリーの実 2008.6.5

*ワイルドストロベリーの育て方

学名 Fragaria vesca バラ科の常緑多年草 草丈25センチ
半日陰 耐寒性強 乾燥に弱い 肥料はほとんど不要
開花5~6月 白 結実5~6月 赤

「育てている人に様々な幸福をもたらす」という伝説があります。
花も実も両方とも可愛らしく、見ているだけでも楽しめます。
爪の先くらいの小さな白い花が咲き、花びらが落ちた後、真ん中の黄色い部分が大きくなっていちごになります。
実は甘くて美味しいですが、とても小さいので、たくさん食べたければたくさん植えたほうが・・・。
花のない時期でも、可愛らしい常緑の葉を鑑賞できます。

性質は強健で、ランナー(少し土をかけておく)でよく殖える。
アブラムシに注意。
乾燥に弱いので、水やり多めに。
イチゴの野生種で、実はそのまま食べられる。また、ジャムにしても良い。
葉のハーブティは精神安定作用や強壮作用がある。


---------------------------------------------------------------

2010/05/12 20:39 | 果樹・ハーブ・野菜の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
パン教室の復習『カレーウインナーパン』と『カレーハムエッグパン』
2010年05月11日 (火) | 編集 |
来週はパン教室。
ということで、少し慌てながら先月のレッスンの復習をしました。

パン生地をこねているときから、いい香りがしていたカレー生地のパンで、
習ったのはベーコンでしたが、ウインナーに変えてやってみました。
トッピングはケチャップとチーズとパセリにしてみました。

冷蔵庫にハムもあったので、前に習ったハムエッグと2種類にしました。
卵をマヨネーズであえて、パセリをトッピングしています。

『カレーウインナーパン』と『カレーハムエッグ』

ウインナーは、成型しやすいし、見た目も可愛い感じになったので、おすすめです♪
同じパン生地で全く違う雰囲気のものができたので、得した気分になりました♪
---------------------------------------------------------------

2010/05/11 22:13 | おうちパンのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
初夏の庭 その1
2010年05月10日 (月) | 編集 |
クフェアの花が咲き始めました。
濃いピンク色の花は小さいですが、とても丈夫でこぼれダネで少しずつ殖えています。

クフェア 

チャイブの花も咲き始めました。
年々、株が小さくなってきてしまいました。

チャイブ(西洋アサツキ) 
シランの花が咲き始めました。
シランは漢字では紫蘭。普通は紫色なのですが、わが家のシランは白色です。
シラン 

西洋シャクナゲが、どんどん咲いています。
淡いピンク色がとてもきれい。今が一番きれいなときです。
西洋シャクナゲ 

今年植えたジギタリスが咲き始めました。
思ったより、高さが大きくならなかったですが、
花は大きくて蕾が全部咲くとけっこうな迫力になりそうです。
ジギタリス 

オキザリスが今年も咲き始めました。
オキザリス 

ブラキカムが満開になりました。
レンガの小道を淡い紫色で彩ってくれています。
ブラキカム 

今年もベルフラワーが咲き始めました。
小さな鉢を、よく見えるように玄関脇へ移動させました。
ベルフラワー 

玄関横の花壇のタイムが満開になりました。
タイム 

今年もワイルドストロベリーの花が咲き始めました。
ワイルドストロベリーの花

---------------------------------------------------------------

2010/05/10 20:50 | ガーデニングのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『芝生』の育て方と栽培記録
2010年05月09日 (日) | 編集 |

わが家の庭の中心は、ヒメコウライシバの芝生です。

*ヒメコウライシバが伸びはじめました - 2010年5月

茶色く枯れていた芝が、少しずつ青くなってきました。
ローンスパイクで穴あけをして、サッチ(芝生が枯れたもの)をレーキでかき集め、
肥料もまきました。

写真は5月下旬に生え揃った芝生の様子。

ヒメコウライシバ
▲ヒメコウライシバ 2008.5.27

*ヒメコウライシバの芝刈り(1回目) - 7月10日

今年初めての芝刈り。
梅雨入り前にやろうと思っていたのが、なかなかできず、
梅雨の合間をぬってすることになりました。
ヒメコウライシバは、まだまばらな感じ。

+++++

*ヒメコウライシバの芝刈り(2回目) - 8月

夏は芝刈りをしても、すぐにどんどん伸びてきます。
夏は月2回芝刈りをしないといけないらしいですが、あまりの暑さなので月1回が精一杯・・・。
家の庭なので、多少ぼうぼうでも大丈夫。

*ヒメコウライシバの芝刈り(3回目) - 9月

9月になってもまだまだ暑いのですが、がんばってヒメコウライシバを刈りました。
縦だけではなく横にも伸びて、植え込みにまで根を張っていたところも切りました。

*ヒメコウライシバの芝刈り(4回目) -10月

少しは暑さもやわらいできました。
今回で刈り止めにできたらいいな。

*ヒメコウライシバの芝刈り(5回目) - 11月

今年最後の芝刈り。
刈り止めです。

*ヒメコウライシバのサッチとり - 12月

落ち葉といっしょに、枯れた芝をレーキで掻き集めました。
冬の間は特に手入れはなしです。

*芝生の目土入れ - 2010年3月 

真土(まさつち)と芝生の肥料を購入。
まず、サッチをレーキでガリガリやって取り除いた後、真土をまきました。
凹んでいるところは特に念入りに。
最後に、芝生の肥料をまいて終了。

*ヒメコウライシバ/姫高麗芝の育て方

高麗芝の中では最も葉が細く柔らかで、密生度が非常に高いのが特長で、ゴルフ場のグリーンやお庭向きの芝生です。
葉の生長が早いため、刈り込み回数は多いです。
セントオーガスチンの次に日陰に強い芝生でもあります。
暖地型芝生の永年草で、関東以西の西南地域を中心に利用されています。
耐暑性・耐陰性に優れ、夏期の繁殖能力が旺盛で、冬期は休眠して地上部は枯れます。

・植え付けは3~10月、特に入梅前の4~5月が適している。
・春と秋は月2回、夏は月4回のペースで刈り込む。
刈り込むことにより、新しい葉や茎に栄養が行き届き、密生して雑草の生えにくい芝生になる。
・芝刈りの方向は、そのつど変える。
1回目は縦、2回目は横、3回目は斜めとすると、刈り後が残らず、きれいな芝生になる。
・土が硬くなったら、芝生に穴を開けると、水はけや通気が良くなり、根の張りが促進される。
穴あけは、15センチ間隔、深さ5~6センチぐらい。
ローンスパイクを使うとよい。
・サッチ(枯れた葉や茎、刈りカスが固まったもの)ができたら、ナイフや鎌で20~30センチ間隔に浅い切れ目を入れ、レーキや使い古した竹箒でかき出す。
その後、穴あけをするとよい。
・芝生に凹凸ができたときは、まず、鎌やナイフでその部分に切れ目を入れ、芝をはがす。
そして、目土を入れたり、取ったりして平らにし、芝を戻して足でよく踏み、目土をかけておく。
凹みが少ないときは、上から目土をかけて平らにするだけでもよい。


---------------------------------------------------------------

2010/05/09 20:57 | 多年草の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『アサギリソウ(朝霧草)』の育て方と栽培記録
2010年05月07日 (金) | 編集 |

朝霧草を庭のメイン花壇の縁取りに植えて育てています。

*アサギリソウの新芽 - 2010年4月

冬の間ギュッと小さくまとまってロゼットになっていた株が、春になって伸びだしました。
触るとふわふわして、ぬいぐるみのような感じで気持ちいいです♪

アサギリソウ
▲アサギリソウ 2008年4月

アサギリソウ(朝霧草)
▲アサギリソウ 2010年5月

*アサギリソウの開花 - 10月

秋になると葉が伸びきった状態になり、花が咲きました。
はっきり言って、あまりパッとしない地味な花です。
咲いていても、しばらく気が付かないくらい・・・。
花が咲くと葉色が悪くなるので、本来は花芽を摘み取る方が良いようです。

アサギリソウの花 
▲アサギリソウ 2008.10.19

*アサギリソウのロゼット  - 11月

花が終わると枯れますが、根元には新芽ができています。
伸びきって乱れた古い葉は刈り取り、すっきりしました。

*アサギリソウ(朝霧草)の育て方

学名Artemisia schmidtiana キク科の耐寒性多年草
日なた(排水のよいところ) 耐寒性強
葉 5~11月 

繊細で雪の結晶のようなシルバーリーフの代表的な品種。
株はこんもりと丸い形になります。
色に特徴があるので、コンテナでの寄せ植えにもピッタリです。

・風通しと水はけの良い場所を好む。
・ロックガーデン以外では鉢植えで。
・梅雨時は半分くらいに刈り込んで、風通しを良くする。
・あまり目立ちませんが、白い花を咲かせる。
・開花させると葉色が悪くなるので、花芽ができたら摘み取る。
・秋になると地際から新芽が出てくるので、古い枝を刈り取る。

【関連リンク】
「アサギリソウ」の詳しい育て方 - GARDENさかもと

【関連記事】
春の花壇(2010年)


---------------------------------------------------------------

2010/05/07 20:36 | 多年草の育て方 | Comment (1) Trackback (0) | Top▲
つぶあん入り&ホワイトチョコ入り『白いたい焼き』
2010年05月07日 (金) | 編集 |

お客さまのお茶菓子に、またまた『白いたい焼き』を焼きました。

ホットサンドメーカーにたい焼き型をセットして予熱している間に、
白いたい焼きミックスと水を混ぜ、
冷蔵庫にあったつぶあんとホワイトチョコを出してスタンバイ。
予熱完了ランプがついたら、せっせと2匹ずつ焼いて合計8匹できました。
20分くらいの短時間でできあがったので、お客さまに感心してもらえました。

つぶあんは袋入りのものをしぼり出しながらのせていくと、
手を汚すこともなく、とてもスムーズにできます。
ホワイトチョコは1匹あたり大さじ1にしてみました。

チョコ入りたい焼きは、オーブントースターで温めなおすと、
ゆるくとけた感じになってけっこう美味しいです!!
さらに、ホワイトチョコだと、白いたい焼きの白さを保つことができます。
冷蔵庫で偶然見つけたのですが、我ながらいいアイデアかも~♪

つぶあん入り&ホワイトチョコ入り白いたい焼き

【関連リンク】
白いたいやきミックス (ママの手作りパン屋さん)
マイティサンドプラスワン (楽天市場)


---------------------------------------------------------------

2010/05/07 20:30 | おうちスイーツのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『シャクナゲ』の育て方と栽培記録
2010年05月06日 (木) | 編集 |

セイヨウシャクナゲ‘パーシーワイズマン’を庭に植えて育てています。


*セイヨウシャクナゲ‘パーシーワイズマン’の開花 - 2010年5月

秋頃から花芽らしいものができて、そのまま冬を越し、春になって蕾が膨らんできました。
花は淡いピンク色なのですが、つぼみはとても濃いピンク色。
咲きはじめると、きれいなピンク色に色が変化して、ピンクからクリーム色のグラデーションになります。

セイヨウシャクナゲ 
▲セイヨウシャクナゲ‘パーシーワイズマン’ 2007年4月

セイヨウシャクナゲ
▲セイヨウシャクナゲ‘パーシーワイズマン’ 2008年4月

 セイヨウシャクナゲ
セイヨウシャクナゲ‘パーシーワイズマン’ 2007年5月

*セイヨウシャクナゲ‘パーシーワイズマン’の花芽 - 2009年9月

枝の先端に、花芽らしいものができていました。

セイヨウシャクナゲ(花芽) 
▲セイヨウシャクナゲ‘パーシーワイズマン’の花芽 2008.9.27

*セイヨウシャクナゲ‘パーシーワイズマン’の植え付け - 2007年4月

「サカタのタネ」の通販でツボミのついた株を購入。
セイヨウシャクナゲは悩んでしまうくらいたくさんの品種があります。
‘パーシーワイズマン’を選んだのは、花の色がとても気に入ったから。
淡くてクリーム色っぽいようなピンク色です。

*シャクナゲの育て方

学名Rhododendron ツツジ科の常緑低木 2~4メートル
半日陰(西日を避ける) 酸性土壌 耐寒性強
開花4~5月

欧米で改良された常緑で大輪の品種郡のことをセイヨウシャクナゲと呼んでいる。
日本在来のシャクナゲより栽培しやすいのでオススメ。

・夏の暑さに弱いので、株元を腐葉土でマルチングして、夕方に葉水を与えて温度を下げる。


---------------------------------------------------------------

2010/05/06 20:15 | 常緑樹の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
なんちゃってパン教室『バンズ』
2010年05月05日 (水) | 編集 |
妹が家に遊びに来たので、いっしょにパンを焼きました。
まったくの初心者なので、パン教室の体験レッスンでやった『バンズ』にしました。
今回は、チーズ、ベーコン、レーズン、チョコレートの4種類。

バンズ バンズ

単純に丸める成型だけど、中に入れるもののアレンジができるのがいいところ。
ただ、仕上げにスライスアーモンドやパセリなどトッピングをのせるのを忘れてしまいました。
妹よ、ごめん・・・。

きれいな焼き色がついて美味しそうにできました!!
それにしても、教えるのって、けっこう難しい・・・。
わかりやすく説明できるようになりたいです。

---------------------------------------------------------------

2010/05/05 16:58 | おうちパンのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『タイム』の育て方と栽培記録
2010年05月04日 (火) | 編集 |

玄関脇の西向き花壇と、庭のハーブ花壇で、タイムを育てています。
どちらも、品種はわかりませんが、とても元気で、よく茂っています。
初夏には、毎年たくさんの小さな花を咲かせてくれます。

*タイムの開花 - 2010年4月

玄関脇の西向き花壇のタイムの花が咲きはじめました。
花は淡桃色で小さいですが、たくさんつくのでふんわりした雰囲気でとてもきれいです。

西向き花壇
▲西向き花壇 2008年4月

タイム
▲タイム 2010年5月 

*タイムの開花 - 2010年5月

南向きハーブ花壇のタイムが咲き始めました。

タイム
▲タイムの花 2008年4月


*タイムの植え付け - ?

いつだったのかわからないくらい(10年以上??)ずっと前に、
玄関脇の西向き花壇と庭のハーブ花壇に植えました。

玄関脇の花壇には、同じくハーブのラベンダーやサントリナも植えています。
ここは西向きなので、特に夏はとても乾燥するのですが、そういう環境があっているようです。
夏の間のよほど天気が続いたときに水やりをするくらいで、ほとんど手間をかけていません。

庭のハーブ花壇には、レモンバームやチャイブと、
一年草扱いになっているバジルやミニトマトを植えることもあります。
南向きで日当たりがよいので、こちらも乾燥気味になっています。

*タイムの育て方

学名Thymus シソ科の常緑低木 草丈20~40センチ
日当たり 乾燥気味 耐陰性有 耐寒性強 原産地主にヨーロッパ、アジア
開花5~7月 淡桃

数百種類の品種があり、大きくは「立性」か「匍匐性」に分かれる。
鑑賞だけでなく、料理、ポプリ、ハーブティーと使い道もたくさんある。

・立性(りっせい)のタイム
まっすぐ伸びるタイプで、茎先に小さな花をたくさんつける。
花色は、ほとんどの種類が淡桃色(他には白)。

「コモンタイム」(ティー・料理・ポプリ・ハーブバスOK、代表的なタイム)
「レモンタイム」(ティー・料理・ポプリ・ハーブバスOK、レモンの香り)
「シルバータイム」(ティー・料理・ポプリOK、葉の縁が白い)

・匍匐性(ほふくせい)のタイム
横に這うように伸びるタイプで、茎先に小さな花をたくさんつける。
花色は、主に淡桃色、白、紅色など。
葉も、斑入り、細様、小さな毛で覆われたものなどがあります。

「ゴールデンタイム」(料理OK、黄金色の葉が美しい)

・高温多湿に強く育てやすい。
・梅雨前(蒸れるのを防ぐため)と冬前(春に芽を出させるため)に株全体の3分の1を刈り込む。

*タイムの利用方法

・料理(肉料理、魚料理、シチュー、ブーケガルニ、オリーブオイルの香りづけ)
・ハーブティー
・ハーブバス
・ポプリ
・リース
・観賞用

【関連リンク】

タイムの育て方 - GARDENさかもと
コモンタイムの育て方 -ハーブ専門店e-ティザーヌ 


---------------------------------------------------------------

2010/05/04 20:29 | 果樹・ハーブ・野菜の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『シラン(紫蘭)』の育て方と栽培記録
2010年05月04日 (火) | 編集 |

白のシランを、庭に植えています。

*シランの開花 - 2010年5月 ←更新しました!!

シランの花が咲き始めました。
ランのような形の花で、清楚で可憐なイメージです。
とても丈夫で育てやすい花です。

シランの花 シラン
▲シラン (左)2008年5月 (右)2009年5月

シランの白い花と、黄色の斑入りのホスタと、ひょろっとしたレモンバームがならんだ庭の一角。
レモンバームは触るとレモンの香りがします。
なんだか爽やかな雰囲気の場所になりました。

初夏の庭
▲初夏の庭 2009年5月

花が終わっても葉は茂り続けているので、グランドカバーになっています。
我が家には、緑の葉のものと、斑入りの葉のものと2種類植えています。

*シランの葉が枯れました - 2009年12月

長い間、葉だけでも楽しめていましたが、とうとう枯れました。
茶色くなった葉は、自然に茎から外れて落ちていました。
枯れた茎は、根元から鋏で切り取りました。

*シランの育て方

学名:Bletilla striata  和名:紫蘭
ラン科の耐寒性多年草 草丈40~50センチ
日なた(夏半日陰) 耐寒性強
開花5~6月 白・淡桃・紫

エビネやハランの葉に似た広葉からまっすぐ細い茎を伸ばし、その先に花を咲かせます。
葉は斑入りのものもあり、花のない時期も茂った葉を鑑賞できます。
日本や中国で自生しているランなので、丈夫で手がかかりません。
やや半日陰で、やや湿り気のあるところを好みます。
冬の間は地上部が枯れますが、早春から芽を出して、5月ごろ花が咲きます。
ランに似た花は、5輪ほどが下から順番に開花。
新しい芽がどんどん出てくるので庭植えに向いていますが、コンテナでも植えることができます。

・かかりやすい病害虫は特になし。
・肥料がなくても十分に育つ。
・3~4年に一度、秋(10~11月)に植え替える。

主な流通時期:春

【参考リンク】
シランの育て方 - GARDENさかもと


---------------------------------------------------------------

2010/05/04 20:13 | 多年草の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
藤野真紀子さんレシピ『レモンケーキ』
2010年05月03日 (月) | 編集 |
藤野真紀子さんの『藤野真紀子のシンプルお菓子教室-まず、ハカリのいらないレシピから』のレモンケーキを焼きました。

藤野真紀子さんというと超本格的で難しいお菓子のイメージがあったのですが、
ハカリのいらない、という、ものぐさな私にぴったりなサブタイトルに惹かれて見てみると、
タイトルどおりシンプルなレシピがたくさん。
計量カップや計量スプーンで計るお菓子のレシピは新鮮です。
(重さも併せて書かれているのでハカリでもOK)

まずは、爽やかな初夏にぴったりの『レモンケーキ』にチャレンジしてみました!!
材料を混ぜて焼くだけのバターケーキです。
レモンの皮を生地に混ぜて焼いて、レモンシロップをハケでたっぷり塗ります。

レモンケーキ レモンケーキ

仕上げの粉糖をふるときに、網をケーキにのせてからふると、
ちょっとおしゃれな雰囲気に・・・♪

レモンシロップを塗ることで生地がしっとりして、
ケーキの甘さにレモンの香りと酸味が加わってとても美味しかったです。
定番にしたいと思います!!

藤野真紀子のシンプルお菓子教室―まず、ハカリのいらないレシピから (まあるい食卓シリーズ)藤野真紀子のシンプルお菓子教室―まず、ハカリのいらないレシピから (まあるい食卓シリーズ)
(2007/10)
藤野 真紀子

商品詳細を見る

---------------------------------------------------------------

2010/05/03 20:02 | おうちスイーツのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
春の庭 その3
2010年05月02日 (日) | 編集 |
玄関脇の花壇に植えている『ヒメウツギ』です。

ラベンダーの勢いに押されてしまって、あまり存在感がありませんが、

確実に昨年よりも大きくなってたくさんの花が咲きました。
ヒメウツギ

▲ヒメウツギ 2010年5月

玄関においているコンテナの『オリーブ‘ネバディロ・ブランコ’』です。

蕾が出来ているのを見つけました。

もうすぐ花が咲き始めます。
オリーブ 

▲オリーブ‘ネバディロブランコ’ 2010年5月

同じく玄関近くにおいているコンテナの『バラ‘ラ・フランス’』です。

ひとつめの花が咲き始めました。

花が大きいので、か細い枝では支えきれない感じ。

支柱を立てて補強しました。

バラ‘ラ・フランス’ 

▲バラ‘ラ・フランス’ 2010年5月

今年初めて植えた『ホメリア』です。

茎がすごく細くて、風になびいて折れてしまいそう・・・。

きれいな淡いオレンジ色の花が咲きました。

ホメリア 

▲ホメリア 2010年5月

『セイヨウシャクナゲ‘パーシーワイズマン’』が咲き始めました。

昨年中には枝ごと枯れてしまったので気をもみました。

全ての蕾が咲くと、かなりの迫力になります。
セイヨウシャクナゲ‘パーシーワイズマン’ 

▲セイヨウシャクナゲ‘パーシーワイズマン’ 2010年5月

---------------------------------------------------------------

2010/05/02 20:03 | ガーデニングのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『ヒメウツギ(姫空木)』の育て方と栽培記録
2010年05月01日 (土) | 編集 |

ヒメウツギを花壇で育てています。
病害虫とは無縁で、剪定もしたことがなく、全く手がかからない優秀な花です。

*ヒメウツギの開花 - 2010年4月 ←更新しました!!

今年も、ヒメウツギの可愛らしい花が咲きはじめました。
白くて小さな花は下向きに房状にたくさん咲きます。

高さ30センチくらいのまま、横に広がってきました。
1メートルくらいの高さになると思っていたのに・・・。
今のままでは、ラベンダーの勢いに押されて埋もれているので、植替えを考え中。

ヒメウツギ
▲ヒメウツギ 2010年5月

ヒメウツギ

▲ヒメウツギ 2008年4月

*ヒメウツギの植え付け - 2007年3月

ヒメウツギを買い、玄関脇にある西向き花壇に植えました。
白くて小さな花はとても可愛いです。
早く大きくなってほしいです。

ヒメウツギ
▲ヒメウツギ 2007年3月

*ヒメウツギの育て方

学名Deutzia gracilis アジサイ科の落葉低木 0.5~1メートル
日なた~半日陰(耐陰性あり) 耐寒性強 原産地日本
花期4~5月 白

初夏に白く涼しげな花が房状にたくさん咲きます。
葉も美しく、グランドカバーや樹木の下草におすすめ。
樹勢強、耐暑性強、耐寒性強、、耐病性強、耐陰性あり、育てやすい。

・剪定は、前年生長枝に花を咲かせるので、むやみにできない。
・樹形が乱れたら、3~4年に1度地際から20~30cmで切り戻し、株を更新する。
・病害虫はあまり心配いらない。

【関連リンク】
ヒメウツギの育て方 - 花ひろばオンライン


---------------------------------------------------------------

2010/05/01 20:22 | 落葉樹の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。