手作りパンについての記事が増えてきたので、タイトルを変更しました!!(旧タイトル=*花とおしゃべり*)  ガーデニングとフラワーアレンジメントと手作りパンと手作りおやつのブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
『ルリマツリ(プルンバゴ)』の育て方と栽培記録
2010年06月30日 (水) | 編集 |

ルリマツリを、生垣沿いから道路に向かって垂れるように植えています。
西日があたる場所なのでどうなることかと心配していましたが、
少しずつ大きな株になってきています。

*ルリマツリの開花 - 2010年6月 ←更新しました!!

プルンバゴが咲き始めました。
花は淡い爽やかな水色で桜のような形。
細い枝の先に固まって咲いています。
夏の暑さを忘れさせてくれるような爽やかな花です♪

プルンバゴ
▲プルンバゴ 2007.8.26

*ルリマツリ(プルンバゴ)の育て方

学名Plumbago auriculata 
イソマツ科の常緑つる性低木 高さ60センチ~2メートル
日なた 耐寒性強
開花4~11月 水色

暑さに負けず、初夏から秋にかけて、涼しげな水色の花がたくさん咲きます。
花色は、ほかにも少し濃い水色や、白もあり、ジャスミンに似た可愛らしい花です。
気温が10℃以上あれば開花しつづけます。
あんどん仕立てや、ハンギング、寄せ植えにすることもできます。
暖地では、庭植えできて、垣根のように大きくなります。
葉の裏側に、白い粉がふくことがありますが、問題ありません。

・日当たりを好む。
・暑さに強く、丈夫で育てやすい。
・花後にきり戻すと、わき芽が出ます。
・ときどき思い切って刈り込み、樹形を保つ。
・耐寒性は約0度なので、寒冷地では室内へ。
・植え替えは春先に。

【関連リンク】
ルリマツリ(プルンバゴ)の育て方 - GARDENさかもと


スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2010/06/30 20:58 | 常緑樹の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『アメリカンチェリージャム』
2010年06月22日 (火) | 編集 |
お菓子・・・ではありませんが、『アメリカンチェリージャム』を作りました。
毎年、アメリカンチェリーの特売を見つけたときに作っているので、初夏の定番になりました。
アメリカンチェリーをそのまま食べるよりも、
ジャムにした方が、味が凝縮されていて美味しいと思います♪

わが家ではパンにつけることより、ヨーグルトに入れることが多いです。
それから、ホットケーキにバターといっしょにのせると、すんごく美味しいです♪

アメリカンチェリージャム

---------------------------------------------------------------

2010/06/22 21:46 | おうちスイーツのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
ミックス粉で簡単『ポン・デ・ケージョ』
2010年06月21日 (月) | 編集 |

今日は時間がなかったので、ミックス粉を使って『ポン・デ・ケージョ』を焼きました。
急いで生地を丸めたので、ヘンな形になっているのもありますが・・・。
発酵いらずで短時間でできるのは、とてもありがたいです。

焼きたては、エダムチーズのいい香りがして、もちもちの食感です。
冷めると少し固くなるのですが、トースターで温めなおすと柔らかくなります♪

ポン・デ・ケージョ

【関連リンク】
「ポンデ・ケージョ」 - ママの手作りパン屋さん
「エダムチーズ」 - ママの手作りパン屋さん


---------------------------------------------------------------

2010/06/21 22:34 | おうちパンのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
6月のパン教室『ティーブレッド』&『雑穀ピザパン』
2010年06月17日 (木) | 編集 |

6月のパン教室に行ってきました。
『ティーブレッド』と『雑穀ピザパン』の2種類でした。

『ティーブレッド』の生地には、 アールグレイの紅茶パウダー が入って紅茶色になっています。
そこに、甘酸っぱい ドライクランベリー か、甘いアップルチップを入れて成型しました。
粉糖でお化粧した、可愛らしい菓子パンです♪

 アールグレイの紅茶パウダー は、パウンドケーキやシフォンケーキにも使えそう。
粉末になっているので、食べたときに茶葉が口に残ったりしないのもいいです。
 ドライクランベリー は、甘さよりも少し酸っぱさの方が勝ってるので、
好みが分かれるかもしれません。ちなみに私は大好きです。
逆に、アップルチップはどなたにも好まれる味で、紅茶との相性もバッチリ!!

ティーブレッド

『雑穀ピザパン』は、 雑穀 が入っているつぶつぶ食感のパン生地。
お味噌とコチュジャンを入れたマヨネーズを塗って、
野菜とピザチーズをたっぷりのせました。
味噌マヨネーズがいいお味でした♪

 雑穀ピザパン

【関連リンク】
紅茶パウダー アールグレイ - ママの手作りパン屋さん
ドライクランベリー - ママの手作りパン屋さん
クリスタルアップルチップ - クオカ
十五穀 - ママの手作りパン屋さん


---------------------------------------------------------------

2010/06/17 22:56 | パン教室のこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’』の育て方と栽培記録
2010年06月11日 (金) | 編集 |

ユーフォルビアの中でも、「ダイアモンドフロスト」を気に入っています♪
白い小花がたくさん咲いて、とても涼しげ。
暑い夏に、爽やかな清涼感を感じることができます。

*ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’の植え付け - 2010年6月 ←更新しました!!

ユーフォルビアをコンテナに植えました。
昨年は寄せ植えにしたのですが、
より涼しげになるのではないかと思って、今年は単品にしました。

ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’ ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’
▲ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’ 2010.6.6




+++++ 昨年のユーフォルビア

白いユーフォルビアと、赤いペンタスと、赤い斑入りの葉のイレシネで、寄せ植えにしました。
ユーフォルビアの小さな白で、赤い色を柔らかくして、
寄せ植え全体の雰囲気をまとめてくれていると思います。

ユーフォルビア「ダイアモンドフロスト」 夏の寄せ植え
▲ユーフォルビア「ダイアモンドフロスト」 ▲夏の寄せ植え 2009年5月

*ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’の育て方

学名:Euphorbia hybrid 'Diamond Frost'
トウダイグサ科の非耐寒性一年草または多年草 草丈30センチ
日なた 耐寒性弱 耐暑性強 乾燥強 原産地メキシコ
開花 春~晩秋 白

白く小さいホウが、株全体に散りばめられたようにあふれます。
暑さ、乾燥、病気に強く、手間がかかりません。
寄せ植えにおすすめ。

・日当たりと水はけのよいところ。
・週1回液肥。
・冬は室内に取り込み、10度以上あれば開花する。

【参考リンク】
ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’ - GARDENさかもと


---------------------------------------------------------------

2010/06/11 22:24 | 一年草の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
みかさんレシピ『コッペパン(リーン)』
2010年06月10日 (木) | 編集 |
久しぶりの、門間みかさんの本『ほんのりしあわせ。おうちパン』のパン。
何にしようかとても迷ったけれど、シンプルなコッペパンに。
みかさん曰く、最近流行っているのだそうですよ。

みかさんレシピには、大きく分けてリッチなパンとリーンなパンの二つがあり、
コッペパンはどちらのタイプにもできます。
今回はリーンタイプにしました。

手のひらサイズのコッペパンは、何かを塗ったり、挟んだりするのにぴったり。
昨日、作った梅酒ジャムか、冷蔵庫にあるピーナッツクリームか、
ハムや、ソーセージでホットドッグにしてもよいかも。

焼きたては、表面がパリッとできていて、クープもきれいに開きました。
最近、クープの入れ方のコツがつかめてきたのかも。
やりすぎかと思うくらい、思い切って切り込みを入れるほうが、上手くいくようです♪


コッペパン(リーン)


【参考リンク】

ほんのりしあわせ。おうちパン―ぱん工房「くーぷ」のBakery Diary

ほんのりしあわせ。おうちパン―ぱん工房「くーぷ」のBakery Diary (2007/10) 門間 みか
商品詳細を見る

---------------------------------------------------------------

2010/06/10 22:27 | おうちパンのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『梅酒ジャム』
2010年06月09日 (水) | 編集 |
昨年仕込んだ梅酒を片付けました。
梅酒はボトルに詰めて、青梅を取り出しました。

梅酒を作った後の青梅って、皆さんどうされているのでしょう?
一昨年までは、そのまんまおやつ代わりにカリカリかじっていましたが、
だんだん飽きてきてしまいます。
保存がきく何かいい方法はないものかと調べた結果、
昨年からは梅酒ジャムにしています。

青梅の実を種から削りとり、砂糖を加えて煮るだけと、けっこう簡単。
本には、削った実を包丁でたたいてペースト状にしてから煮る・・・とありましたが、
形が残っている方がいいかも!っと、ザク切りくらいにしてみました。
やってみたら、美味しそうにできあがりました。

写真ではとても暗く写ってしまっていますが、
もうちょっときれいなグリーンです。
冷めると固くなってしまったので、煮詰め加減をもう少しゆるくした方がいいみたい。
また来年♪です。

梅酒ジャム

---------------------------------------------------------------

2010/06/09 22:39 | おやつのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
パン教室の復習『ドライトマトのリュスティック』
2010年06月08日 (火) | 編集 |
先月のパン教室で習ったリュスティックを、早速、復習しました。
生地にはミックスハーブを混ぜて、
レッスンではチーズを挟んでいたところをドライトマトとウインナーにしてみました。

成型が簡単なので、らくちんです♪
表面はパリッとしたハード系のパンになりました。

生地を半分に分けて、2種類のリュスティックを作ることもできそう。
また、違う具材をいろいろ使ってみたいとおもいます♪

ドライトマトのリュスティック

---------------------------------------------------------------

2010/06/08 23:13 | おうちパンのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『マンデビラ』の育て方と栽培記録
2010年06月07日 (月) | 編集 |
*マンデビラの育て方

キョウチクトウ科の非耐寒性つる植物 草丈0.3~3メートル
日当たり 耐寒性弱 耐暑性強 原産地:中央アメリカ~アルゼンチン
開花期:5~10月 白、桃、赤

以前はデプラデニアの名で流通していた。

半日以上日が当たる場所を選ぶ。
水切れも与えすぎも注意。
置き肥と液体肥料を併用して十分な肥料を与える。
つるの先端を軽く切り戻すことを繰り返すと花つきがよくなる。
つるは反時計回りに巻きつく習性がある。
冬越しは、10月中に剪定を済ませて室内に取り込む。

【関連リンク】
マンデビラ(デプラデニア) - GARDENさかもと
マンデビラの育て方 > 植物図鑑 > みんなの趣味の園芸

*マンデビラの植え付け - 2010年6月

ピンクのマンデビラを買って、庭の花壇に植えつけました。

マンデビラ 
▲マンデビラ 2010年6月
---------------------------------------------------------------

2010/06/07 20:05 | 多年草の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
夏の庭 その1
2010年06月06日 (日) | 編集 |
 6月第1週目のお庭の様子です。

この週末は花屋さんに行き、
花壇に植える夏の花を買ってきました。

南国リゾート気分が盛り上がる花は、マンデビラです。
初めて育てる花。ちっくと気合が入ります!!
つるが伸びるそうなので、支柱をたてました。

マンデビラ
▲マンデビラ 2010.6.6

マンデビラに合わせて、白いビンカ(ニチニチソウ)を選びました。
真ん中に赤いドットが入っている大輪の品種です。

ビンカ 
▲ビンカ(ニチニチソウ) 2010.6.6

ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’はお気に入りの花。
単品で鉢植えにしました。

ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’ ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’
▲ユーフォルビア‘ダイアモンドフロスト’ 2010.6.6

夏の花壇は、一気に南国リゾート風になりました。

夏の花壇 2010
▲夏花壇 2010 2010.6.6

花壇横のハイドランジア(セイヨウアジサイ)の花が、
どんどん咲いてきました。

ハイドランジア(西洋アジサイ)
▲ハイドランジア(西洋アジサイ) 2010.6.6

タイムが咲いて、ハーブ花壇がにぎやかになりました。

タイム 
▲タイム 2010.6.6

バジルが少し大きくなりました。
先っちょに蕾ができてきたので、
花を咲かせないために摘芯しています。

スイートバジル 
▲スイートバジル 2010.6.6

シシトウの花が、無事に咲きました。

シシトウの花
▲シシトウ 2010.6.6

チェリーセージもとても元気です。

チェリーセージ 
▲チェリーセージ 2010.6.6

---------------------------------------------------------------

2010/06/06 20:38 | ガーデニングのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『インパチェンス』の育て方と栽培記録
2010年06月01日 (火) | 編集 |

インパチェンスは夏の定番の花。
今年は、鉢植えにして玄関ポーチに置きました。
わが家の玄関は西向きで、半日くらいしか日が当たらないので、
半日陰が大好きなインパチェンスにとってはちょうどいいみたいです♪

*インパチェンス「シルエット アップルブロッサム」の植え付け - 2010年5月下旬 ←更新しました!!

そろそろ暑くなってきたので、花屋さんに夏の花を見に行きました。
以前、育ててとてもよかった八重咲きのインパチェンスがあったので、即決しました!!
色は、白と淡いピンク色と濃いピンク色があったのですが、
『アップルブロッサム』と名前のついている淡いピンク色のものに。
とても優しい上品な雰囲気です♪

栄養系八重咲きインパチェンス「シルエット」 栄養系八重咲きインパチェンス「シルエット」
▲栄養系八重咲きインパチェンス「シルエット アップルブロッサム」




+++++過去のインパチェンス。

*八重咲きインパチェンス「カリフォルニアローズ フィエスタ」 - 2007年

微妙に色の異なる八重咲きインパチェンスを、3つに分かれた段違いコンテナに。
とても可愛らしい寄せ植えができました♪
八重咲きインパチェンスは、最近、注目されているらしく、たくさんの種類がありました。

インパチェンス インパチェンス
▲八重咲きインパチェンス 2007年夏

*インパチェンスの育て方

学名:Impatiens 別名:アフリカホウセンカ 難易度:初心者~
ツリフネソウ科の非耐寒性多年草 草丈20~30センチ
日当たり~半日陰(夏は直射日光×) 耐寒性弱 耐暑性強 原産地:南アフリカ
開花4~11月 白・桃・橙・赤

真夏でも枝先に次々に花をつける夏の定番の花。
半日陰でも大丈夫なので、シェードガーデンにおすすめ。
花色は白と暖色系に限られていますが、
花びらは八重咲きや斑入りの品種もあり、いろいろな表情を楽しめます。

・水切れしないように気をつける。
・咲き終わった花は、こまめに取り除く。
・肥料は、月1~3回液肥。
・枝が伸びすぎてきたら、半分ぐらいに切り戻し、化成肥料を与える。(最終8月下旬)
・さし芽で簡単に殖やすことができる。

取り扱い時期:春~初夏

・八重咲きインパチェンス
ミニバラのような花を咲かせます。
「ウィリー」「ティオガ」「カリフォルニアローズ」などが代表的。

【参考リンク】
インパチェンス - GARDENさかもと
八重咲きインパチェンス - GARDENさかもと
インパチェンス 八重咲きシルエット アップルブロッサム - 産直花だん屋


---------------------------------------------------------------

2010/06/01 20:04 | 一年草の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。