手作りパンについての記事が増えてきたので、タイトルを変更しました!!(旧タイトル=*花とおしゃべり*)  ガーデニングとフラワーアレンジメントと手作りパンと手作りおやつのブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
ベーコンロール*パン教室レシピ
2011年03月29日 (火) | 編集 |
前回が甘いパンだったので、今回はお惣菜パンをということで、
パン教室で習った『ベーコンロール』です。

出産(6月予定)してすぐなんて
時間的にも体力的にも余裕なんてないのだから、
今のうちにパンの材料を使い切らなければいけないということに
最近になって気づきました。(遅すぎ!!)

というわけで、パンの材料消費のために
ボチボチと焼いていきたいと思います。

ベーコンロール

今回は、成型をパン教室のレッスンとは変えて、
パン生地にベーコンをのせてから、
生地の短い辺を軸にしてクルクル巻いていきました。
そして、3等分(写真左奥)または4等分(写真手前)に切り、
アルミカップにのせます。

平たくて安定感のある形になったと思います。
3等分の方が、コロンとした可愛らしい感じになったかな~。
巻くもの(ベーコン以外にハムとかウインナーもよいです)を
2パターンにするときなど、
3等分と4等分と、パターンを使い分けるといいかもしれないです。

↓以下、マタニティ日記
[READ MORE...]
スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2011/03/29 20:01 | おうちパンのこと | Comment (1) Trackback (0) | Top▲
『ヘレボルス(クリスマスローズ)』の育て方と栽培記録
2011年03月28日 (月) | 編集 |

『ヘレボルス(クリスマスローズ)』を半日陰の庭で育てています。
植えたのは白色と赤紫色の2種類だったのですが、
こぼれ種でどんどん増えて、今では20株くらいあるかも。
ひとつひとつ花びらの色が違っているのも面白いです。

一般的に『クリスマスローズ』と呼ばれているこの花は、
正しくは『ヘレボルス・オリエンタリス(レンテンローズ)』で、
本当の『クリスマスローズ』は『ヘレボルス・ニゲル』といって、
12月のクリスマスの時期に咲く白花の品種なのだそうです。

まだ他の花があまり咲いていない2月から4月まで、
長い期間咲き続けてくれます。
・・・と思っていたら、鑑賞しているのは花びらではなく『ガク』の部分だそうで・・・。

また、育てるのが難しいと思われがちですが、意外と簡単手間いらず♪
夏の直射日光さえ避けてあげれば、
肥料もほとんど要りませんし、水やりも普通で大丈夫です。

*蕾がつきました。 - 2月

ヘレボルス(クリスマスローズ)の蕾がついているのを見つけました。
新しい芽も出来てきているので、そろそろ古い葉を取り除きます。

ヘレボルス・オリエンタリス(クリスマスローズ)の蕾 
ヘレボルス(クリスマスローズ)の蕾 2010年2月

*花が咲きました。 - 2月

今年一番初めに咲いたのは、赤紫色の株でした。
まだまだ寒いですが、この花が咲くと「春が近づいて来た」と感じます。

ヘレボルス(クリスマスローズ)
▲ヘレボルス(クリスマスローズ) 2010年2月

  クリスマスローズ クリスマスローズ
▲ヘレボルス(クリスマスローズ) 2008年2月

*満開になりました。 - 3月 ←更新しました!!

遅れ気味に咲きはじめたクリスマスローズが満開になりました。
この株もかなり大きくなり、たくさんの花が咲きました。

ヘレボルス(クリスマスローズ)
▲ヘレボルス(クリスマスローズ) 2010年3月

クリスマスローズ クリスマスローズ
▲ヘレボルス(クリスマスローズ) (左)2008年3月 (右)2008年4月

レンテンローズ(クリスマスローズ) クリスマスローズ
▲ヘレボルス(クリスマスローズ) (左)2007年3月 (右)2008年3月

*ヘレボルス(クリスマスローズ)の育て方

学名Helleborus キンポウゲ科の耐寒性常緑多年草
半日陰(夏の直射日光×、西日×) 耐寒性強
開花期2~4月 白、桃、赤、緑、複色など

・性質は強健。
・夏の直射日光は避ける。(葉焼けする)
・開花後、ガク(花びらのように見えているもの)の内側に種のサヤができてきたら、取り除く。
・植え付け、植え替え、株分けは、10~11月。
・こぼれ種で増える。(花が咲くようになるまでには数年かかる)



【関連リンク】
クリスマスローズの育て方 (GARDENさかもと)
クリスマスローズの育て方 (産直花だん屋)

【関連記事】
春の花壇 (2010年)


---------------------------------------------------------------

2011/03/28 20:25 | 多年草の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
チョコスティック*みかさんレシピ
2011年03月23日 (水) | 編集 |
門間みかさんの『ほんのりしあわせ。おうちパン―ぱん工房「くーぷ」のBakery Diary』から
チョコスティックを焼きました。

レシピではチョコチップを入れるとなっているところを、オレンジピールに変更。
前回、チョコチップを入れてけっこう甘くなったので、
何か代わりに違うものを・・・と思い、
チョコと相性抜群のオレンジピールにしました。

チョコスティック
 

いい感じに焼きあがりました♪
でも、これでもけっこうチョコの風味が濃厚で甘く感じます・・・。

なんでかな?と思って、パン教室のココアパンのレシピと見比べたところ、
パン生地に加えるココアパウダーの量が全然違いました。
ココア色を楽しんであっさり味にしたければ、
ココアパウダーの量を控えめ(3~5%くらい)でもよいみたいです。
そのへんんはお好みで~。

【関連リンク】

ほんのりしあわせ。おうちパン―ぱん工房「くーぷ」のBakery Diaryほんのりしあわせ。おうちパン―ぱん工房「くーぷ」のBakery Diary
(2007/10)
門間 みか

商品詳細を見る

---------------------------------------------------------------

2011/03/23 20:50 | おうちパンのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
栗蒸しようかん*圧力鍋レシピ
2011年03月10日 (木) | 編集 |
栗蒸しようかん 

栗蒸しようかんを圧力鍋で作りました。
レシピは、圧力鍋を買ったときについていたレシピ本↓。
市販のあずきと市販の栗の甘露煮を使ってお手軽に。
1時間くらい蒸すところを、圧力鍋なら短時間でできました!!

ヘルシーなおやつだし、
「お店で売ってるものみたい!」と、
思った以上に評判もよかったです♪

【関連リンク】

圧力鍋らくらくクッキング―早い!簡単!省エネ!〈煮る、炊く、蒸す〉の得意料理が101品! (マイライフシリーズ特別版―お料理塾シリーズ)圧力鍋らくらくクッキング―早い!簡単!省エネ!〈煮る、炊く、蒸す〉の得意料理が101品! (マイライフシリーズ特別版―お料理塾シリーズ)
(2001/08)
検見崎 聡美

商品詳細を見る

WMF パーフェクトプラス圧力鍋 4.5L 018WF-2137WMF パーフェクトプラス圧力鍋 4.5L 018WF-2137
()
WMF (ヴェーエムエフ)

商品詳細を見る

↓以下、マタニティ日記。
[READ MORE...]
---------------------------------------------------------------

2011/03/10 20:25 | おうちスイーツのこと | Comment (2) Trackback (0) | Top▲
『スイートバイオレット(ニオイスミレ)』の育て方と栽培記録
2011年03月07日 (月) | 編集 |

ニオイスミレは購入して植えたものではなくて、
どこからともなく飛んできた種から自然に出てきたものです。
最初は雑草かもしれないと思いながらも、
丸い愛嬌のある葉がなんとなく可愛らしくて、しばらく様子を見ていたら、
忘れた頃に花が咲きはじめました。
自然に可愛い花が咲いてくれるなんて、ラッキーです♪

*咲き始めました。 - 12月

まだ12月だというのに、
早くもニオイスミレの花がぽつぽつと咲きはじめました。

スミレ
▲ニオイスミレ 2008.1.23

*満開になりました。 - 2011年3月 ←更新しました!!

初めて咲いた年はたった1株だけだったのが、
年を追うごとに、どんどん増えてきました。
どうやら種とランナーと両方で殖えていくようです。
今では、ちょっと抜いてやらないといけないくらいでもあります・・・。

それにしても、一度にこれだけたくさんの花が咲くと、存在感があります。
クリスマスローズ(ヘレボルス)との相性もバッチリ♪

スミレ スミレとクリスマスローズ
▲ニオイスミレ 2008.3.16

*スイートバイオレット(ニオイスミレ)の育て方

学名Viola odorata 和名ニオイスミレ スミレ科の多年草
日なた~明るい日陰 耐寒性強 原産地ヨーロッパ南部
花期11月~4月 白・桃・紫

野原や道端に自生している可憐な花。
小さいけれど、群生させると見ごたえがあります。
こぼれ種とランナーでよく殖えます。

・花後、初夏と秋に液肥。
・夏の暑さに弱いので、半日陰の場所で。
・水切れに注意。

主な流通時期:早春

【関連リンク】
「スミレ」の詳しい育て方 - GARDENさかもと
「スイートバイオレット(パープル)」の育て方 - ハーブ専門店e-ティザーヌ


---------------------------------------------------------------

2011/03/07 20:20 | 果樹・ハーブ・野菜の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『イオノプシディウム(バイオレットクロス)』の育て方と栽培記録
2011年03月07日 (月) | 編集 |

『イオノプシディウム』を最初に購入したのは、2006年のことでした。
すると、その翌年から、こぼれ種でたくさんの花が咲くようになりました。
淡い紫色で十字の形の花は、とても小さいですが、
たくさん花が咲くので、まるでカーペットのようになります。

*花が咲きました。 - 12月

春もまだ遠い12月だというのに、
イオノプシディウムが今年も一番乗りで咲き始めました。
毎年必ず、こぼれ種で出てきてくれるので、早春の定番になっています。

*満開になりました。 - 3月 ←更新しました!!

マーガレットコスモスとコニファーの足元に、マット状に広がって咲いています。
コニファーの足元には、自然に出てきた紫色のスミレもあって、
早春の花のとりあわせになっています。

イオノプシディウム
▲イオノプシディウム 2010年2月

イオノプシディウムとスミレ
▲(手前)イオノプシディウムと(奥)スミレ 2010年2月

*イオノプシディウム(バイオレットクレス)の育て方

学名Ionopsidium acaule アブラナ科の一年草 草丈10~15センチ 原産地ポルトガル
日なた 耐寒性強 初心者向け
花期4~6月 薄紫 主な流通時期:早春~春

薄紫色の花びらが4枚の花がたくさんつき、草丈は低く、マット状に広がります。
ほのかに香りもあります。
最近、アリッサムに代わる寄せ植え素材としても注目され始めました。
とても丈夫で、こぼれ種でどんどん増えます。

【関連リンク】
イオノプシディウムの育て方(GARDENさかもと)
イオノプシディウムの育て方(産直花だん屋)


---------------------------------------------------------------

2011/03/07 20:10 | 一年草の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。