手作りパンについての記事が増えてきたので、タイトルを変更しました!!(旧タイトル=*花とおしゃべり*)  ガーデニングとフラワーアレンジメントと手作りパンと手作りおやつのブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
『ホメリア』の育て方と栽培記録
2011年04月30日 (土) | 編集 |


*ホメリアの開花 - 2011年4月  ←更新しました!!

昨年に続いて今年も、ホメリアの花が咲き始めました。
球根を買ったときのラベルでは、淡いオレンジ色とサーモンピンクの2色となっていましたが、
実際に咲いたのはどれも淡いオレンジ色でした。
花は6~7センチくらいで、ひょろっとした茎なのでワイルドな趣きがあります。

1つの花が咲き終わると、そのすぐ下にある膨らんだ部分から次の花が出てきます。
花の寿命は短めですが、次々に咲くので気になりません。
ただ、なぜか花は南に向いて咲こうとするので、なかなか正面を見ることができません・・・。
植える場所は考えなおした方がよいのかも。

ホメリア 
▲ホメリア 2011.4.30

ホメリア
▲ホメリア 2010年5月

 *ホメリアの発芽 - 12月

ホメリアの芽が出てきました。
葉は細長くてシュッとしています。

ホメリアの芽
▲ホメリアの芽 2009年12月

*ホメリアの植え付け - 2009年10月10日

ホメリアの球根10球を購入して、庭に植付けました。
落葉樹のヤマボウシの足元で、冬~春の間は日当たりのよい場所です。
球根は、とてもきれいな淡い色合いの黄色とサーモンピンクの2色が混合になっています。
植えっぱなしで、毎年花が咲くようなので、楽しみです♪

ホメリアのラベル
▲ホメリアの球根

*ホメリアの育て方



学名Homeria アヤメ科の球根 草丈30~40センチ
日なた~半日陰(乾燥気味)
開花4~5月

一つの茎からたくさん枝分かれし、多くの花を咲かせます。
まとめて群植すると見ごたえがあります。

・植え付け方法
植付け時期は9月上旬~12月下旬。
鉢植えの場合は3~5センチ間隔、地植えの場合は5~8センチ間隔で、
深さ3~5センチくらいで植えつける。

・霜に当たらないように注意する。
・こぼれダネでも良く増える。
・過湿による腐敗に注意。
・肥料は特に必要ない。

【関連リンク】
ホメリアの育て方 - GARDENさかもと
ホメリアの育て方 - ペットエコ&ザガーデン楽天市場店


スポンサーサイト
---------------------------------------------------------------

2011/04/30 20:56 | 球根草花の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
あんぱん&クリームパン*みかさんレシピ
2011年04月28日 (木) | 編集 |
同じパン生地を使って
あんぱんとクリームパンの2種類を焼きました。
あんぱんは春なので桜の形にしてみました♪

あんぱん
 

パン教室で習ったあんぱんの方が、
ふんわり柔らかい生地で、よりあんぱんらしいかも。
---------------------------------------------------------------

2011/04/28 20:30 | おうちパンのこと | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『フクシア』の育て方と栽培記録
2011年04月11日 (月) | 編集 |


*ポット苗を買いました。

新しい品種を買うのは久しぶりかもしれません。
ホームセンターで売られているのを見つけて、
イヤリングのようにぶら下がって咲くキュートな姿に衝動買いしました。
思ったよりも開花期間も長いようで、しばらく楽しめそうです。

フクシア
 フクシア


*フクシアの育て方

学名Fuchsia hybrida アカバナ科の常緑低木
日なた~半日陰(夏の直射日光×) 耐寒性中
開花期4~10月 白・桃・赤・紫色

・夏の暑さに弱いので、日陰で管理する。
・水切れに注意する。
・冬は軒下または室内で管理する。
・茎に葉が6~8枚になったら新芽と2枚の葉をつみ取ると、形が整う。


---------------------------------------------------------------

2011/04/11 20:34 | 一年草の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『ブラキカム(姫コスモス)』の育て方と栽培記録
2011年04月05日 (火) | 編集 |

ブラキカムを庭の半日陰の場所に植えています。
今の株は、2009年に植えつけた2代目です。

春から晩秋まで長期間咲き続けてくれる、見かけによらずタフな花。
細くて柔らかい葉は繊細なイメージで、可愛らしい薄紫色の花をたくさん咲かせて、
ふんわりと優しい印象になります。
夏の直射日光さえ避けてあげれば、比較的育てやすくてオススメの花です。

*開花 - 2011年4月 ←更新しました!!

ブラキカムの花が冬を越して、咲き始めました。
冬の間はこぢんまりとしていましたが、春になって生き生きとしてきました。
蕾がたくさんついているので、これからドンドン咲いてくれそうです♪

ブラキカム
▲ブラキカム 2011.5.21

ブラキカム

▲ブラキカム 2010年4月

*満開 - 5月

ブラキカムが満開になり、たくさんの花で、とても華やかになりました。

ブラキカム
▲ブラキカム 2010年5月

*植え付け - 2009年10月

花屋さんでブラキカムの苗を2株買ってきました。
以前植えていたものは、驚くほど増殖したニオイスミレの影になってしまい、
肩身の狭い思いをさせてしまって、気づくといなくなってしまいました・・・。

今度は、ニオイスミレがいない場所に植えました。
周りにはピンク色の宿根草がたくさん植わっているので、
薄紫色のブラキカムとは色の相性も良いと思います♪

ブラキカムの花
▲ブラキカムの花 2009年12月

*ブラキカム(姫コスモス)の育て方

学名:Brachycome spp. 英名:Swan River Daisy 和名:姫コスモス
キク科の常緑多年草 原産地オーストラリア
日なた(夏半日陰) 乾燥気味 耐寒性強
開花3~11月 薄紫

薄紫色のコスモスのような形の小さな花がたくさん咲きます。
マット状に育ち、株立ち性。

夏の高温多湿を嫌い、乾燥にも弱い。
花が一休みした頃に刈り込む。
病害虫にも強く、丈夫で、あまり手間がかからない。

【関連リンク】
ブラキカムの育て方 - GARDENさかもと
ブラキカムの育て方 - 産直花だん屋


---------------------------------------------------------------

2011/04/05 20:24 | 多年草の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『ユキヤナギ(雪柳)』の育て方と栽培記録
2011年04月05日 (火) | 編集 |

ユキヤナギは、西向きの生け垣から枝垂れるように植えています。
西向きなのであまり環境は良くないと思うのですが、とても元気に育っています。
大きな株になっているので、花の時期はとても見ごたえがあります♪

*花が咲きました。 - 3月

ユキヤナギが咲き始めました。
まだまだ咲き始めたところなので、つぼみの方が多い状態です。

ユキヤナギ ユキヤナギ
▲ユキヤナギ 2008年3月

*満開になりました。 - 2011年4月 ←更新しました!!

生け垣の隙間から道路に向かって、花のシャワーのようにしだれ咲いています。
名前のとおり、枝に雪が降り積もったように見えて、とてもきれいです。
昨年はかなり思い切った剪定をしたので、いつもより少なめになりました。

ユキヤナギ 
▲ユキヤナギ 2008年4月

*剪定しました。 - 5月

ユキヤナギの花が終わったので、剪定をしました。
この時期の剪定では、古い枝や不要な枝を思い切って切ってしまいます。
夏の間に、新しい枝がどんどん出てくるので、自然に形が整います。

*剪定しました。 - 1月

ユキヤナギの葉が全て落ちたので、剪定をしました。
目的は枯れ枝を取り除くことです。
枝には花芽ができているので、気をつけて作業をしました。

*ユキヤナギ(雪柳)の育て方

学名Spiraea thunbergii バラ科の落葉低木
日なた 耐寒性強
花期3~4月 白・桃

緩やかなカーブを描く枝に、小さく白い花をたくさん咲かせます。

性質は強健。
緩やかな曲線を描くような枝ぶりにするコツは、花が終わった後、古い枝を根元の方から切ること。
心配しなくても、細くて若い枝が伸びて形が整います。

主な流通時期:冬~春

【関連リンク】
ユキヤナギ育て方(GARDENさかもと)
ユキヤナギの育て方(花ひろばオンライン)


---------------------------------------------------------------

2011/04/05 20:04 | 落葉樹の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
『ハナカイドウ(花海棠)』の育て方と栽培記録
2011年04月04日 (月) | 編集 |

ハナカイドウを鉢植えで育てています。
買った年はたくさん花が咲いたのですが、翌年は激減。
3年目になってそこそこ復活してきた感じ。
どうやら剪定にポイントがあるらしいです。

*植え付けました。 - 2008年4月

ハナカイドウを鉢に植えつけました。
大きさは60センチほどで、小さいのですが、花の数がすごいです。
まだ、ちらほらと咲き始めたところ。

ハナカイドウ
▲ハナカイドウ 2008年4月

*蕾がつきました。 - 3月

ハナカイドウの蕾を見つけました。
今年も花が咲いてくれるようで、ひと安心です♪

ハナカイドウの蕾 
▲ハナカイドウ 2010年3月


*咲き始めました。 - 2011年4月 ←更新しました!!

ハナカイドウが咲き始めました。
今年は去年より少し少なめです。
可愛らしい淡いピンク色の花を見ると春を感じます♪

ハナカイドウ ハナカイドウ
▲ハナカイドウ 2010年4月

*ハナカイドウの育て方

学名Malus halliana バラ科の落葉小高木 3~4メートル
日なた 耐寒性強
開花4~5月 桃

花柄が長く垂れ下がって咲くので、スイシカイドウとも呼びます。
八重咲き、枝垂れ、斑入りなどの品種があります。
あまり大きくならないので、庭木や盆栽に最適。

・育てやすい。
・剪定は1~2月ごろ花芽のない枝を切り込む。
・花芽は短枝につくので、長い枝を半分程度に切り詰め、短枝を増やすようにする。
・2月に寒肥

【関連リンク】
ハナカイドウの育て方(花ひろばオンライン)


---------------------------------------------------------------

2011/04/04 20:50 | 落葉樹の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。