手作りパンについての記事が増えてきたので、タイトルを変更しました!!(旧タイトル=*花とおしゃべり*)  ガーデニングとフラワーアレンジメントと手作りパンと手作りおやつのブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
『ハイドランジア(西洋アジサイ)』の育て方と栽培記録
2011年06月07日 (火) | 編集 |

ハイドランジア(セイヨウアジサイ)は、
常緑樹のヤマモモの足元で、半日陰の場所に植えています。
花は最初は青色ですが、だんだん青紫に変化していきます。

*開花 - 2011年6月 ←更新しました!!

セイヨウアジサイの花が咲き始めました。
咲き始めの青白い色は、爽やかな感じです。

セイヨウアジサイ
▲セイヨウアジサイ 2006.6.4

セイヨウアジサイ
▲セイヨウアジサイ 2006.6.4

その後、しばらくすると、赤っぽくなってきました。
初めの頃と比べると、まったくの別ものです。

セイヨウアジサイ セイヨウアジサイ
▲セイヨウアジサイ 2009年6月

*剪定 - 7月

花が終わったので、剪定しました。
花がらと葉2枚を切り取るようにしました。

*剪定 - 1月

葉がすべて落ちたので、剪定しました。
芽がだいたいわかるようになっています。
丸くふっくらした芽が花芽、スリムな芽が葉芽だそうです。
古い枝や、ひょろっとした枝を根元から切ってしまいます。
そして、花芽を切り取らないように気をつけながら、
夏の間に伸びた枝を切りそろえました。

*ハイドランジア(セイヨウアジサイ)の育て方

Hydrangea
アジサイ科(ユキノシタ科)の落葉低木 1~1.5メートル
日なた(夏半日陰) 耐寒性強 水やりたっぷり
開花5~7月 白・桃・青

日本のアジサイをヨーロッパで改良したもので、丸い手まりのようで豪華。
日が経つにつれ、花の色がだんだんと変化するのも楽しいです。
土がアルカリ性だとピンク系、酸性だとブルー系になるらしく、ということは我が家は酸性?

・植え付け、植え替えは11月~入梅まで。肥沃な土壌を好み、酸性土だと花色が青、アルカリ性だと赤に変わりる。日当たりを好むが日陰にも強い。
・なるべく刈り込みは控えるが、小さく育てたい場合は花の直後に葉のついているところを1~2節残して刈り込む。花が咲かなかった枝は翌年花が咲くことが多いので残す。
・肥料は寒肥として油かすと堆肥を株周りに敷きつめる。7~9月に速効性化成肥料を追肥。

【関連リンク】
セイヨウアジサイの詳しい育て方 - 花ひろばオンライン

スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2011/06/07 21:56 | 落葉樹の育て方 | Comment (0) Trackback (1) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ハイドランジア(セイヨウアジサイ)は、常緑樹のヤマモモの足元で、半日陰の場所に植えています。花は最初は青色ですが、だんだん青紫に変化していきます。*開花 - 2011年6月 ←更新しました!!セイヨウアジサイの花が咲き始めました。咲き始めの青白い色は、爽やか?...
2012/05/05(土) 15:31:32 | まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。