手作りパンについての記事が増えてきたので、タイトルを変更しました!!(旧タイトル=*花とおしゃべり*)  ガーデニングとフラワーアレンジメントと手作りパンと手作りおやつのブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
『チェリーセージ』の育て方と栽培記録
2009年04月10日 (金) | 編集 |

*チェリーセージの花が咲き始めました - 4月

春になると、新しい葉がにょきにょき出てきて、急に元気になります。
今年も花をたくさん咲かせてくれそうです。

チェリーセージ
▲咲き始めたばかりのチェリーセージの花 2007.4.28

*チェリーセージの花が咲き続けています - 5~8月

先月に引き続き、チェリーセージの花が元気に咲いています。
花が全て咲き終わった枝は、枝の根元から2~3節のところで切り取ります。
そうすると、切り取ったところで分岐して、また新しい花を咲かせるのです。

*チェリーセージを切り戻しました - 9月

花がひととおり咲き終わったので、切り戻しをしました。
切り戻しをしないでおくと、ひょろひょろした枝が枝の重さに耐えられずに折れてしまうからです。
切り戻しをすると、そのすぐ下の葉から枝が分岐して、全体的にこんもりとした形になってくれます。

*チェリーセージの花が再び咲き始めました - 10月

切り戻しをした後に、再び花を咲かせました。

チェリーセージ
▲チェリーセージの花 2007.10.14

*チェリーセージの花が咲き続けています - 11~1月

先月に引き続いて、チェリーセージの花が咲き続けています。
花数も増えて、とても華やかです。

*チェリーセージの育て方

学名Salbia gregii シソ科の半耐寒性低木 高さ1~1.2メートル
日当たり 耐寒性強
開花4~11月

濃紅色の花が、枝の先で咲きます。
料理に使われるコモンセージと違って、パイナップルセージと同じ観賞用。

咲き終わった枝は、下葉を数枚残した位置で刈り込むと、新芽が伸び再び花を咲かせる。
冬の間は枯枝はそのままにして、翌春、地上部付近から出てくる新芽を残すように低い位置で枯枝を切る。

花はポプリに。
葉にはスパイシーな甘さのある香りがあり、ハーブティーに使える。

我が家では、庭の南向きのとびきり日当たりのよい場所に植えています。
ずいぶん前に植えたので、かなりの大株になりました。
毎年、春先に短く刈り込みますが、すぐに新しい枝が伸びてきます。

スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2009/04/10 23:12 | 果樹・ハーブ・野菜の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。