手作りパンについての記事が増えてきたので、タイトルを変更しました!!(旧タイトル=*花とおしゃべり*)  ガーデニングとフラワーアレンジメントと手作りパンと手作りおやつのブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
『シャクナゲ』の育て方と栽培記録
2010年05月06日 (木) | 編集 |

セイヨウシャクナゲ‘パーシーワイズマン’を庭に植えて育てています。


*セイヨウシャクナゲ‘パーシーワイズマン’の開花 - 2010年5月

秋頃から花芽らしいものができて、そのまま冬を越し、春になって蕾が膨らんできました。
花は淡いピンク色なのですが、つぼみはとても濃いピンク色。
咲きはじめると、きれいなピンク色に色が変化して、ピンクからクリーム色のグラデーションになります。

セイヨウシャクナゲ 
▲セイヨウシャクナゲ‘パーシーワイズマン’ 2007年4月

セイヨウシャクナゲ
▲セイヨウシャクナゲ‘パーシーワイズマン’ 2008年4月

 セイヨウシャクナゲ
セイヨウシャクナゲ‘パーシーワイズマン’ 2007年5月

*セイヨウシャクナゲ‘パーシーワイズマン’の花芽 - 2009年9月

枝の先端に、花芽らしいものができていました。

セイヨウシャクナゲ(花芽) 
▲セイヨウシャクナゲ‘パーシーワイズマン’の花芽 2008.9.27

*セイヨウシャクナゲ‘パーシーワイズマン’の植え付け - 2007年4月

「サカタのタネ」の通販でツボミのついた株を購入。
セイヨウシャクナゲは悩んでしまうくらいたくさんの品種があります。
‘パーシーワイズマン’を選んだのは、花の色がとても気に入ったから。
淡くてクリーム色っぽいようなピンク色です。

*シャクナゲの育て方

学名Rhododendron ツツジ科の常緑低木 2~4メートル
半日陰(西日を避ける) 酸性土壌 耐寒性強
開花4~5月

欧米で改良された常緑で大輪の品種郡のことをセイヨウシャクナゲと呼んでいる。
日本在来のシャクナゲより栽培しやすいのでオススメ。

・夏の暑さに弱いので、株元を腐葉土でマルチングして、夕方に葉水を与えて温度を下げる。

スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2010/05/06 20:15 | 常緑樹の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。