手作りパンについての記事が増えてきたので、タイトルを変更しました!!(旧タイトル=*花とおしゃべり*)  ガーデニングとフラワーアレンジメントと手作りパンと手作りおやつのブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
『スダチ(酢橘)』の育て方と栽培記録
2010年10月05日 (火) | 編集 |

スダチを鉢植えで育てています。
毎年、果実の数がばらばらなのが悩みです。

*スダチの開花 - 2011年5月

スダチの花が咲き始めました。
花ははっきりした白色で、花びらが細長く、どことなく凛とした雰囲気があります。
去年はたくさん咲いたのですが、今年は2輪だけ。なんとなく寂しいです・・・。

スダチ
▲スダチの花 2010年5月

*摘果 - 7月

収穫する果実の数を毎年同じくらいにするためには、
摘果という果実をまびく作業が必要らしいです。
最終的に、葉3~5枚に果実1個の割合にしていきます。
効果があるといいな。

*スダチの収穫 - 2010年10月 ←更新しました!!

今年のスダチは7個でした。

さんまの塩焼きに添えるために、スダチを収穫。
もぎたてのスダチは、とても良い香りがします♪
貴重なスダチ、大切にいただきたいと思います。

スダチ
▲スダチ 2010.10.4

スダチ

▲スダチ 2009年9月

スダチ(果実) 
▲スダチ 2008.10.3

スダチ 
▲スダチ 2007.9.16

【記録】
2005年 5個
2006年 0個
2007年 2個
2008年 13個
2009年 2個
2010年 7個

*スダチの育て方

学名 Citrus Sudachi
ミカン科の常緑低木 樹高2~2.5メートル
日なた~半日陰 耐寒性強
開花5~6月 白 結実8~10月 緑~黄

ユズの近縁種で、サンマとの相性は抜群。
カボスと混同しがちですが、スダチ(30~40グラム)とカボス(100~150グラム)とスダチの方が小さいです。
実は熟すと黄色になる酸味が強くなるので、香りの良い青いうちに収穫します。
徳島県の名産品。

・植え付けは、3月中旬~4月中旬に、日当たり水はけが良く風のあたらない場所に。
・夏に水切れさせると実が小さくなるので注意。
・肥料は、3月と9~10月に、油粕や化成肥料。
・剪定は、2~3月に徒長枝などを間引く。古枝は切り落とし、新梢は3分の1を目安に切る。
・摘果は、隔年結果を防ぐため、7月に1箇所に固まっているものを間引き、最終的に8月に3~5枚の葉に1つを目安に残す。
・病害虫は、アブラムシとアオムシ。

*スダチの利用方法

鍋やサンマなどの焼き魚に大根おろしといっしょに添えて、食べる直前に果汁をかける。
果汁は食用酢として、ドレッシングに加えたり、ハチミツと混ぜてハチミツスダチジュースに。
青い皮は薄く切ったり、おろすなどして、素麺などの薬味として利用する。

我が家では、スダチを鉢植えで育てています。
樹高は1メートルくらいで、とてもコンパクトな大きさ。
日当たりのよい南向きの軒下においています。


【関連リンク】
スダチの詳しい育て方 - 花ひろばオンライン
薬味のチカラ スダチ

スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2010/10/05 20:56 | 果樹・ハーブ・野菜の育て方 | Comment (2) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/19(水) 08:44:15 | | #[ 編集]
ちょくちょく拝見させていただいてます。
応援ポチッ!!!
2008/09/13(土) 12:46:39 | URL | サトシ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。