手作りパンについての記事が増えてきたので、タイトルを変更しました!!(旧タイトル=*花とおしゃべり*)  ガーデニングとフラワーアレンジメントと手作りパンと手作りおやつのブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
『グラジオラス』の育て方と栽培記録
2009年05月13日 (水) | 編集 |

*グラジオラスの球根の植えつけ - 2009年5月

グラジオラスの球根を、今年はビニールポットに植えつけました。

★昨年と変更したところ
(1)昨年はプランターに植えたのですが、後で花壇に移植するときにやりづらかったので、今年はビニールポットに変えてみました
(2)昨年は10球全てを同時に植えたのですが、開花時期をずらして長期間楽しめるように、今年は半分づつに変えました。

掘り上げた球根を植えつけるのは初めてなので、ちゃんと芽が出てくるのか心配です。

*グラジオラスの発芽 - 2009年5月(植え付けから1週間後)

グラジオラスの球根を植えつけてから、約1週間、1つ芽が出てきました。
とりあえず、第一関門突破!

*グラジオラスの苗の定植 - 2009年6月

グラジオラスの苗を、ビニールポットから花壇に移植しました。
そして、ビニールポットに植えつけずに残していた球根を、花壇にバランスよく植えつけました。

夏の花壇 
▲グラジオラスの苗 2009年6月

*グラジオラスの開花 - 2008年7月

グラジオラスの花が咲き始めました。
高さは120センチくらいに大きくなり、ひらひらとした花をたくさんつけて、かなり豪華です。

グラジオラスの花
▲グラジオラス 2008.7.12

ホワイトガーデンなので、手前に、バコパ、セラスチウム、イソトマ、アゲラタムを植えて、白で統一しています。
右端は、終わりが近づいたセイヨウアジサイ。
残念なことに、この後、雨に打たれて、茎が折れてしまいました。
支柱を立てていたのですが、少し長さが足りなかったのです。

夏花壇
▲グラジオラスが咲き始めて華やかになった夏花壇 2008.7.12

8月上旬にはグラジオラスの花が終わりました。
下から順に次々に開花して、あっという間という感じです。
球根を何回かに分けて時期をずらして植えるように、工夫したほうがいいかもしれません。
花が終わっても、剣のようなりっぱな葉は健在です。

*グラジオラスの球根の掘り上げ - 2008年10月中旬

本に書かれていた育て方どおり10月中旬に、グラジオラスの球根を掘り上げました。
球根の周りには小さな球根がぷちぷちとついていて、ちょっと気持ち悪い感じ。
10本くらいをビニール紐で束ねて、軒下に吊るして、しばらく陰干しです。
最初の花が咲いて45日以上経てば、いつ掘り上げても良いそうです。

グラジオラスの堀り上げ 
▲掘り上げたグラジオラス 2008.10.12

*グラジオラスの球根の保存 - 2008年11月中旬

掘り上げから1ヵ月後、グラジオラスの葉はすっかり枯れてカラカラに。
葉を根元から切り取りました。
根のほうも、指で触ると根元からプチッと簡単に取れました。
購入したときには9球だった球根が、13球に増えていました。
ネット(栗だったか、にんにくだったかが入っていたもの)に入れて、風通しのよいところに吊るしています。

グラジオラスの球根 
▲グラジオラスの球根 2008.11.12

◆グラジオラスの育て方

Gladiolus 別名トウショウブ
アヤメ科の球根 50センチ~1メートル
日なた(水はけのよい土) 耐寒性中
花期6~9月

夏咲き種と春咲き種がありますが、グラジオラスといえば一般に夏咲き種のことをいう。
初夏のボーダー花壇に欠かせない花。
グラジオラスの語源は、ラテン語で剣を意味する「グラディウス」から。
鮮やかな色の品種が多い。

・葉が4枚くらいの頃に、支柱を立てる。
・花後、月1回液肥を与えて、球根を育てる。
・耐寒性がないので、秋、葉が半分くらい枯れた頃に球根を掘り上げて保管。
・植え付けを少しずらすようにすると、開花時期がずれて、初秋まで楽しむことができる。

【関連リンク】
グラジオラスの詳しい育て方 - GARDENさかもと

人気ブログランキング

スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2009/05/13 23:11 | 球根草花の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。