手作りパンについての記事が増えてきたので、タイトルを変更しました!!(旧タイトル=*花とおしゃべり*)  ガーデニングとフラワーアレンジメントと手作りパンと手作りおやつのブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
温室・暖房なしで育てる『洋ラン』の育て方
2010年01月30日 (土) | 編集 |

洋ラン栽培というと温室や暖房が必要だと思われがちですが、実はそうではないのです。
必要最低限の温度さえ保てば、開花が遅れたりしますが育てることはできます。
特にサイズの小さいミニ洋ランは、低温に耐えることができる種類が多いようです。

*温室・暖房なしで育てている洋ランの種類

以下は、関西にあるわが家で温室・暖房なしで育てている洋ランの種類です。
(この他にも、栽培可能なものがあるかもしれません)

・C. カトレアの仲間
カトレアの仲間は交配しやすいので、とても種類が多い。
我が家で育てているのは「C. カトレア」「Lc. レリオカトレア」「B.L.C ブラッソレリオカトレア」「Sc. ソフロカトレア」「Epic. エピカトレア」「Ctna. カトレイトニア」「Slc. ソフロレリオカトレア」など。
開花期は種類によってまちまち。

ミニカトレア「Koshio」の花
▲ミニカトレア Maricana Koshio

【関連記事】
ソフロカトレア Sc.Fairyland'Judy'
ミニカトレア(名前不明・紫)
ソフロレリオカトレア Estella Jewell 'Kazumura'
ソフロレリオカトレア Maricana Koshio
カトレイトニア Ctna.Maui Maid
エピカトレア Epic. Netrasiri fin-green
レリオカトレア Mini Purple
ミニカトレア(名前不明・紫)
ミニカトレア(名前不明・黄×赤)
ミニカトレア(名前不明・淡桃×淡黄)

・Cym. シンビジューム
大型種は温度が必要だが、小型種は耐寒性がある。
一般的には開花期は1~3月。我が家では毎年4~5月に咲く。

シンビジウム
▲シンビジューム

【関連記事】
シンビジューム(名前不明・白)

・Den. デンドロビューム
種類によって性質が大きく異なる。最も多く栽培されている種類はノビル系。
一般的には開花期は1~3月とされているが、我が家では毎年4~5月に咲く。
秋に13度以下に30~40日間あてると、花つきがよくなる。

 デンドロビウム
▲デンドロビューム Den. chrysotoxum

【関連記事】
デンドロビューム Den. chrysotoxum

・V. バンダ
日本に自生しているフウランとの交配種が育てやすい。
我が家で育てているのは「アスコセントラム・ミニアタム」
一般的に開花期は7~9月。
我が家のバンダは、ここ数年咲いていません・・・。

バンダ
▲バンダ(京都府立植物園)

・Onc. オンシジューム
種類が多く、性質もさまざまで、開花期もそれぞれ異なる。
育てやすいのは薄葉種。
我が家で育てていたのは「ケイロフォルム」残念ながら枯れてしまいました・・・。

オンシジウム「ケイロフォルム」の花
▲オンシジューム ケイロフォルム

【関連記事】
オンシジューム ケイロフォルム

*温室・暖房なしで育てるミニカトレアの育て方のポイント

学名 Cattleya 和名 カトレア(カトレヤ) 英名 Cattleya
原産地 北アメリカ南部から南アメリカ中部まで

ミニカトレア以外の種類の場合も、基本的にミニカトレアに準じた扱いで育てることができます。

・置き場所
5月ごろ最低気温が15度以上になれば、屋外へ移動。
風通しよくするために、地面より最低30センチ以上の場所(棚の上やハンギングなど)に置き、
50パーセントの遮光(遮光ネットなど)をかける。
11月ごろ最低気温が10度以下になれば、屋内へ移動。
日当たりが重要なので、ガラス越しに直射日光をよくあてて、乾燥させる。

ミニ洋ランの冬越し
▲ミニ洋ランの冬越しの様子

・水やり
基本的にコンポスト(植え込み材料)が乾いたことを確認してから水やりする。
春と秋は3~4日に1回が目安。最低気温が10度を超えてきたら、徐々に増やしていく。
夏は1日1~2回、日中は水温が上昇し株を痛めるので避ける。
冬は乾燥気味にし、1週間~10日に1回くらい。

・肥料
生育期に入る前の5~6月に、固形肥料と月2~3回の液肥を与える。

・病害虫
ナメクジ、カイガラムシ

・植え替え、株分け
バルブが鉢からはみ出したら、ひと回り大きな鉢に植え替えか株分けをする。
根が伸び始める4~5月ごろに、2年に1回程度が目安。
素焼き鉢に、ミズゴケを多めに使い、やや固めに植えつける。
水やり後に早く乾くよう、やや小さめの鉢を選ぶ。

・温室・暖房なしで育てる冬越し管理のポイント
真冬の最低温度は7~8度を保つ。これより低くなると枯れることがある。
その間は、特に、からからに乾いた状態で過ごさせる。
水やりは暖かい日の午前中に少量与える。10日に1回くらいが目安。
ただし、花芽が伸び始めてきた場合は、温かく管理しないと花がダメになる。
また、エアコンや温風暖房機の風に直接当たる場所に置くのは厳禁。

スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2010/01/30 20:15 | 洋ランの育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。