手作りパンについての記事が増えてきたので、タイトルを変更しました!!(旧タイトル=*花とおしゃべり*)  ガーデニングとフラワーアレンジメントと手作りパンと手作りおやつのブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

---------------------------------------------------------------

--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | | Top▲
『カクトラノオ(ハナトラノオ)』の育て方と栽培日記
2010年09月20日 (月) | 編集 |

カクトラノオ(ハナトラノオ)は、落葉樹のヤマボウシの足元に植えています。
夏は午前中の数時間だけ日が当たる明るい半日陰の場所です。
日がよく当たる場所のものは大きく、あまり当たらない場所のものはほどほどの大きさになっています。

*カクトラノオの芽吹き - 6月

カクトラノオがぐんぐん伸びてきました。
手前の芝生の中にも芽を出してくるので、生えてほしくないところのものは抜きとりました。
それでも、どんどん出てこようとする生命力が強い花です。

アマドコロとハナトラノオ
▲カクトラノオ(右側) 2009年6月

*カクトラノオの蕾 - 8月

お盆をすぎたあたりから、カクトラノオの蕾がはっきりわかるようになってきました。
開花までもう少しです。
今年は、ヤマボウシの根元にたくさん咲きそうです。

ハナトラノオ ハナトラノオ(カクトラノオ)の蕾
▲カクトラノオの蕾 (左)2009年9月 (右)2008年8月

*カクトラノオの開花 - 2010年9月 ←更新しました!!

カクトラノオは一般的には夏に咲く花のようですが、わが家では9月になってから咲く秋の花。
この花が咲くと「秋が来た」と感じます。
今年も20株以上の花がたくさん咲きました。

ハナトラノオ
▲カクトラノオ 2009年9月

ハナトラノオ  ハナトラノオ
▲群生しているカクトラノオ 2008.9.27

上からハナトラノオを見ると、茎から四方に向かって花がついて、四角柱のような不思議な形です。
下から順番に花が咲いていくので、けっこう長期間咲き続けます。
「虎の尾」という名前には似つかわしくない、とてもきれいな淡いピンクの花です。

ハナトラノオ 
▲カクトラノオのアップ 2008.9.27

2010年9月上旬に行った蓼科高原バラクライングリッシュガーデン(長野県)では、
ボーダー花壇に植えられていて、すでに満開になっていました。
ウチのトラノオたちよりも密集している感じ。やっぱり群生させると、とても素敵♪

トラノオ(蓼科高原バラクライングリッシュガーデン) 
▲カクトラノオ@蓼科高原バラクライングリッシュガーデン 2010.9.4

*カクトラノオの花がら摘み - 10月

カクトラノオの花が終わったので、花茎の根元から切り取りました。
株の周辺には、地下茎で広がった芽が出てきています。
小さい芽が出たロゼットの状態で、冬を越すことになります。

*カクトラノオ(ハナトラノオ)の育て方

学名Physostegia virginiana 別名フィソステギア シソ科の多年草
日なた 耐寒性強
開花7~9月 白・淡桃

茎が四角く、虎の尾に似ているというところから名前がついた花。
淡いピンク色の花がとてもきれいで、群生させると趣があります。
花穂の下の方から順番に咲いていくので長い間咲きつづけます。
とても丈夫で、手がかからず、地下茎を伸ばして自然に増えていきます。
真夏に乾燥させないように注意します。
株分けは3月または10月下旬。

【関連リンク】
「カクトラノオ」の詳しい育て方 - GARDENさかもと

スポンサーサイト

---------------------------------------------------------------

2010/09/20 20:44 | 多年草の育て方 | Comment (0) Trackback (0) | Top▲
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。